アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

レイラ・ハミルトン

レイラハミルトン

カレイドスター

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 大原さやか
本作のもう一人の主人公。17歳のアメリカ人。カレイドステージのトップスター。ユーリのパートナーで「ゴールデンフェニックス」の使い手。3年前のサーカスフェスティバルで優勝した実績を持つ。演技者としては自他共に厳しく、やや冷徹な雰囲気と言動で時にスタッフや他の演者と衝突することがあるが、それは常にプロとしてのプライドを持ってさらなる高みを目指していることの裏返しである。また、覆面を被り「仮面スター」として派手な野外パフォーマンスを行ったり、カレイドスター退団後はキャシーの持ち込んだ脚本に自分の新たなる目標を見出したという理由から、話題性が低いにもかかわらずオフ・ブロードウェイに進出するなど、破天荒な行動を見せることもある。プライベートでは、家事が全く駄目でコーヒー1つまともに淹れられないなどのお茶目な面もある。
第一部後半からフールが見えるようになり、そらとパートナーを組み「幻の大技」を成功させるが、その特訓の際に負った怪我が元でカレイドステージを引退することになる。引退後はキャシーと出会い、舞台女優として新たな活動の場を得てそらの助言者の役回りになるが、「天使の技」を完成させるための最後の壁となるべく、1度だけ[5]カレイドステージに戻ってくる。そらにとっては常に目指すべき偉大な目標であり、レイラにとってもそらは新たな自分を発見するきっかけとなるなど、互いに大切な存在。8月15日生まれ、身長173cm。第一部8話で誕生日を迎え、18歳となる。
OVA版ではメイン主人公を担当。自分にも弱さがあることを認め、初めてそらやメイ、ケンの前で涙を見せた。

出典:wikipedia

誕生日:8月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
レイラ・ハミルトンとは?(カレイドスター)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

カレイドステージのトップスター。ユーリの派パートナーで「ゴールデンフェニックス」の使い手。自他共に厳しく、ややれいてるな雰囲気と言動で時にスタッフや他の演者と衝突する。

年齢

17 歳

誕生日

8月15日

性別

声優

大原さやか

星座

獅子座

身長

173 cm
カレイドステージの孤高のトップスター「レイラ・ハミルトン」の魅力とは?『カレイドスター』
【画像】レイラ・ハミルトン(カレイドスター)
 サーカスとミュージカル、マジック等を組み合わせたエンターテイメント集団「カレイドステージ」で、主人公「苗木野そら」が奮闘する物語を描いた『カレイドスター』。世界各国から凄腕のパフォーマーが集まるその中で、花形の空中ブランコの演者としてトップスターの座を守り続けてきたのが、このアニメのもう一人の主人公ともいえる「レイラ・ハミルトン」です。
自分に厳しく、他人にも厳しい孤高の存在
 『カレイドスター』は主人公「苗木野そら」が「カレイドステージ」入団のオーディションを受けるところから始まります。「レイラ・ハミルトン」はその時すでに「カレイドステージ」のトップスターとして君臨しています。

 第1話で不慮の事態によりオーディションに遅刻してきたそらに対し、レイラはきっぱりと言います。「何があってもステージは時間通り始めるものよ」と。その後、どうしてもカレイドステージに入りたいと追い縋るそらを無視し、結局そらはオーディションを受けることができません。

 そら視点でアニメを見ていると、トップスターであることを鼻にかけたすごく嫌な先輩演者に見えますが、この融通のきかなさも「レイラ・ハミルトン」の「カレイドステージ」にかける想いの強さの表れなのです。どんな状態でも必ずベストの演技をし、観客を喜ばせるという決意。それは、この第1話の時点から最終話まで、一貫しているものです。いつもスマートに見える「レイラ・ハミルトン」ですが、その根底にあるものは、そらと同じ、純粋で不器用なまでのプロ『根性』なのです。
そらとの対立、和解、絆、そして次のステージへ
 物語の序盤こそ、そらと対立することの多いレイラですが、次第にそらの努力と情熱を認めるようになります。それは、自分自身が「カレイドステージ」に求めるものと、そらが目指すものに共通点を感じたからに他なりません。

 物語中盤で「カレイドステージ」が解散することになった後にも、自身は女優として活動する傍らで常にそら達を気にかけ、仮面をつけて遊園地でのショーに出演し盛り上げるなど、陰ながらの支援を続けます。そらを「自分を熱くさせてくれるパートナー」と素直に認め、「カレイドステージ」を自分の居場所と再確認することで、レイラはさらなる高みへと昇っていくのです。

 そして再びカレイドステージが復活した際には、そらと共に「幻の大技」を完成させるための特訓に挑むことになります。そらをパートナーでありライバルと認めることで、燃え尽きるほどのショーを完成させたレイラは「幻の大技」の特訓時の肩の怪我によりカレイドステージを去ることになります。

 二度とカレイドステージには立てないと言うレイラの言葉に泣きじゃくるそら。そんな彼女にレイラは強く言います。「そら、これからはあなたが私の夢になって」と。自らの手で、しっかりとトップスターのバトンを渡したレイラ。この潔さと、次の目標に向かおうとする前向きさこそが、「レイラ・ハミルトン」の真骨頂なのです。
いつまでもすごい先輩
 「カレイドステージ」を去ったあとも、レイラは自分の思う道をまっすぐに突き進みます。オフブロードウェイの小さな劇場で演劇の道を進みながら「カレイドステージ」で奮闘するそらに助言を与えます。自身が主演する舞台に客演としてそらを呼んだ際には、新たな道を自分自信の力だけで邁進する姿をそらに見せることで、そらの自信を蘇らせます。どこまでも強く、気高く、自分の信じる道を進み続けるその姿は、カレイドステージではない場所でも輝き続ける「本物のスター」に違いないのです。

 最終回で、そらはレイラに尋ねます。「私は今もレイラさんの夢だと思っていてもいいですか?」と。それに対するレイラの答えはこれまで「カレイドスター」という作品を見続けていた視聴者の言葉を代弁しているような一言でした。

 その言葉はここには書きません。是非、みなさんの目で、耳で、実際に感じていただきたいと思います。「レイラ・ハミルトン」のこの言葉に繋がる物語を見続けられたというだけで『カレイドスター』を見ていて良かったと思えるほどの名シーンです。
(C)2003 佐藤順一・HAL・GONZO/カレイドステージ (C)2005 佐藤順一・HAL・GONZO/カレイドステージ

記者(サイコロ親分【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【レイラ・ハミルトン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



レイラ・ハミルトンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>カレイドスターのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!