アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ジョニィさん

芦屋四郎

アシヤシロウ

はたらく魔王さま!

0

pt

キャラクター紹介

声 - 子安武人 / 小野友樹
魔王軍四天王の1人にして悪魔大元帥。元々はいち豪族の長だったが、サタンの軍門に下り、彼の腹心となった魔王軍一の知将。
魔王軍のエンテ・イスラ侵攻の際には東大陸を受け持っており、最も早い段階で制圧していた。勇者エミリアに敗れた後、魔王と共に日本へ逃げ込んだ唯一の部下。人間としての容姿は長身体躯で銀色の髪を無造作に伸ばしている。日本に来た当初は真奥と共に日雇いの仕事をこなしていたが、真奥から役割分担を提案され、それ以降は魔力回復の手段の探索および専業主夫を務めている。1年近く主夫業を続けているためか、家事は玄人レベルで、空いた時間に博物館などへ出かけて情報収集を行なう日々を送っている。また魔力回復手段調査の傍ら図書館では書籍の写経に勤しんでおり、彼が収集した情報ノートは魔王城の貴重な財産となっている。家計を預っているため無駄遣いや生活態度の乱れに厳しく、真奥からは「お前は俺のおふくろか」と度々つっこまれ、ニートの漆原を昏々と説教するさまはまさに「母親」と呼ぶにふさわしい。短期アルバイトをすることもあるが、漆原に家事を任せることができない現状から長期のアルバイトは断念している。
恵美のような例外を除き口調や物腰は基本的に誰に対しても丁寧。人間のことは当初内心見下した態度を取っていたが、真奥の仕事先の後輩である千穂や恵美の同僚である梨香など信頼できる人間たちと接していくうち、徐々に認識を改めていく。 恵美や鈴乃とは基本的には敵対姿勢を崩していないが、鈴乃とは同じ台所に立つもの同士、話の合う場面が多い。悪魔としての力を取り戻すと、必要なこと以外は喋らない寡黙な性格に変化する。その防御力は「魔王軍最硬」とされ、ガブリエルの持つ「聖剣デュランダル」を弾くほど。観察力にも長け、木崎も初対面時の彼の観察力と商才を非情に高く評価している。文武ともに優れた真奥の片腕であるが、地球に来てからはなぜか重要局面で蚊帳の外になっていることが多い。
彼が覇道を描いた夢を「食材の沢山ある冷蔵庫=万人が食うにも困らず幸せに居られる世界」に例え、現在の貧乏ながらも精神的に豊かな日常にまんざら悪い気ではない模様。日本では真奥と同じく20歳としているが、実年齢は1500歳を超えている。達筆らしく履歴書の字は非常に丁寧に書かれている。携帯を所持していなかったが、梨香に勧められて購入を決意している。趣味は本を読んで知識を得ること[12]。
天界勢力襲来の折、ガブリエルに捕らえられエンテ・イスラに連れ去られる。その後、ガブリエルからオルバの目的を聞かされるが、自身も状況を打開すべく行動を開始。恵美に書簡を送り、真奥到着までの時間稼ぎに彼女と激闘を繰り広げる一方で、マレブランケや八巾騎士団を采配し、統一蒼帝の身柄を秘密裏に鈴乃達の元へ送り届けることに成功。真奥達と合流し無事日本への帰還を果たした。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
芦屋四郎とは?(はたらく魔王さま!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

悪魔大元帥の一人。本名はアルシエル。真奥貞夫と日本にやって来た腹心の部下。誠実で現状に不満を持ちながらも、真奥に仕え続けている。日本に来てからの貧乏生活で節約生活を送っている。

年齢

20/1500 歳

性別

通り名

魔王軍一の知将

声優

子安武人/小野友樹

髪の色

今は主夫業に専念!?魔王に忠誠を誓う悪魔大元帥「芦屋四郎」の魅力『はたらく魔王さま!』
【画像】芦屋四郎(はたらく魔王さま!)
 『はたらく魔王さま!』は、ライトノベルとして発売され、アニメ化されることでさらなる人気を得ました。主人公でもある魔王が勇者に敗れ、逃げた先が運悪く魔力のほとんどない日本。どうにかしようにも魔力がないためどうにもなりません・・・。仕方なく生活しながら再起をはかろうとするのですが、追いかけてきた勇者や元の世界の住人たちが登場し、事態はさらに混沌としていきます。

 そして、その魔王とともにやって来た腹心というのが「アルシエル」であり、日本での名を「芦屋四郎」(あしやしろう)といいます。最初は戸惑うばかりだった彼も、時が経てば魔王城(6畳一間)の家事を完璧にこなすなど、しっかりと順応しています。
魔王に対する忠誠
 芦屋は魔王にとってなくてはならない存在です。特に彼らが日本へ飛ばされたとき、見知らぬ場所で魔力も使えない危機的状況の中、腹心の部下がいるというのは魔王にとって大きな支えとなったはずです。逆もまたしかり。しかし、日本についてすぐに、警察官からの事情聴取(勇者から受けた傷が軽い傷害事件と認識された)のため、署内の別々の部屋で話を聞くことになったとき、魔王が少しでも情報を集めようと頑張っていたのに対して、芦屋は呑気に出されたかつ丼を食べていました・・・。魔界一の知将と呼ばれていたのではなかったのでしょうか。魔王と自分のピンチでしょうに・・・。

 当然、魔王と敵対している勇者などの存在には気を許さないわけですが、魔王が優しい性格のため側近には彼のような存在は必要不可欠だといえるでしょう。
主夫
 魔王の提案により、2人は役割(働いて金を稼ぐこと、元の世界に帰る方法などの情報収集)を分担し、芦屋は後者の役割を与えられ魔王城の家事をおこなう合間にそれを果たそうとします。しかし、参考になるような情報は乏しく、どんどん家事のスキルがあがるばかり。金欠のために給料日までどう食いつなぐかを悩んだり、特売の卵を買うために魔王を連れだしたりと、その姿はまさしく主夫です。しかもそんな姿が意外と似合っているのです。また、魔王の無駄遣いに注意する姿はまるで母親のようでもあります。
大事なときに傍にいない
 とにかく魔王を必死にサポートする芦屋ですが、なぜか敵の襲来などでピンチなときに魔王の傍にいません。そしてすべてが解決したあとになって、不甲斐ない自身を責めます。あれだけ魔王のことを考えているのにタイミングの悪い男です。

 いつもギリギリの生活を送っている魔王城を切り盛りする「芦屋四郎」。魔王は何かと楽観的なので彼は苦労人でもあります。苦労の末にどこに出しても恥ずかしくないような立派な主夫になる日も近い事でしょう・・・。
(C)和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

記者(けみ【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【芦屋四郎】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



芦屋四郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はたらく魔王さま!のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!