アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

星馬豪

セイバゴウ

爆走兄弟レッツ&ゴー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 池澤春菜
無印編・WGP編の主人公の一人[6]で、星馬兄弟の弟。授業中にミニ四駆を組み立てるやんちゃな問題児。ストレートでのスピード重視のマシン製作が得意であるため、「燃える弾丸」の異名を持つ。本人の気質もマシン特性と同じく、豪快で一本気な、典型的な熱血バカ。アニメでは、尻に蒙古斑がある。
WGP編でチームを組んだ後は、チームのエースとして活躍。しかし、自分の主張を頑として曲げない強情さや、ルールをきちんと把握できていないことが災いし、勝てる試合を何度か落としてしまった事もあり、反省しようとする事も殆ど無い。しかし、烈の説得さえあれば反省はする。スタンドプレイぎりぎりの走りは、最大の武器にして弱点でもあり、ビクトリーズのメンバーの中で最もリタイアやコースアウトが多く、ジャンプを失敗させた上にスピンコブラを巻き添えでクラッシュさせてしまった事もある。ただし、連敗続きで下級生達に馬鹿にされた際は、負けたレースでのビデオを夜通し見返す事で敗因を分析しようとした事もあり、また幾つかの経験の末に最終的にはビクトリーズの優勝の立役者となった。ロッソストラーダ絡みの事では最初のトラブルが起因で唯一彼らの本性を知っていたが、日頃の行いやロッソストラーダが善人を装っていた事もあって、メンバーから信じてもらえずしばらくチーム内で孤立してしまった事がある。
思ったことを率直に言い過ぎるため、誤解や反感を招くこともあるが、基本的には憎めないタイプである。また、明るく物怖じしない性格から、他国の選手との交流も多い。
ミニ四駆以外にもTVゲームが好きで本編でも「レースゲームは得意」と発言しているが、PS「エターナルウィングス」の隠しドラマでは烈に「お前の買ってくるゲームはたいていつまらない」とゲームの見る目のなさを酷評されている。
無計画にパーツを買っているため、いざ必要なパーツが欲しい時に資金不足で買えないことが多々ある。
絵に関しては画力が壊滅的なので絵は下手だが、マシンの開発および設計のセンスに関しては目を見張るものがある。アニメでは、サイクロンマグナムとビートマグナムを自らデザインしている。
高い所と勉強と烈同様ピーマンが苦手。横文字も苦手な様で、リョウからは「よくあれでウチのチームに入れたな」と呆れられた。
運動神経は悪くないが、原作では当初ローラースケートができなかった。タコさんウィンナーが好物。ゴーグルがトレードマーク。
MAX編では2話、51話(最終回)のみ登場。乱入してきた豪樹と正々堂々勝負するため、飛行機の出発時間を無視して場外レースを始める。最終回ではリターンコースで決着を付けて走っている一文字兄弟を、昔の自分や烈の様に見つめていた。原作では海外で奮闘する様子が描かれ、ニューマシン「ライトニングマグナム」を駆り、世界レベルの実力を見せつけていた。
DVD-BOXの公式サイトで行われた人気投票では、2位にランクインした。

出典:wikipedia

誕生日:8月1日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【星馬豪】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【星馬豪】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


星馬豪についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>爆走兄弟レッツ&ゴー!!シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!