アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

さくらすみれ

サクラスミレ

ちびまる子ちゃん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 一龍斎貞友 / 演 - 清水ミチコ→酒井法子→飯島直子、若い頃 - 国仲涼子
まる子の母。旧姓は「小林」。神奈川県横浜市生まれで、旧静岡市出身。1934年5月25日生まれ。A型 双子座。ヒロシと同い年の40歳で専業主婦。好きな食べ物は饅頭、焼きそば、天ぷら。まる子と同じく納豆が食べられない。宝物はオパールの指輪。好きな歌手は島倉千代子。髪型は、パーマをかけている。体重は58kgで、太めな体型を本人も気にしているが、ダイエットは続かない模様。刺繍がとても得意。
厳しく、まる子が勉強をしていなかったりトラブルを起こしたりなどすると、「コラまる子っ!!」「おばかっ!!」などと怒鳴るのは定番だが、普段は優しい。極度の心配性かつ貧乏性で、毒舌な一面もある。しっかり者だが、自分に都合の悪いことにはシラを切る悪い癖がある。人混みが苦手で、まる子に外出に誘われても断ることが多い。
本人曰く、若い頃は「モガ(モダンガール)」と呼ばれるほどの美人だったらしい。一度、ヒロシが高価な健康器具を買うと言い張るので、ヒロシともめて離婚寸前までいったが、まる子とさきこの泣き落としのおかげでさくら家最大の危機は回避された。
普段は常識人であるが、デパートのバーゲンセールには弱くテンションが上がる。初期にはNHKの受信料を「うちはモノクロです」とごまかしていたこともある。
まる子には「ブタ」「まんじゅう」などと言われることがある。

出典:wikipedia

誕生日:5月25日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
さくらすみれとは?(ちびまる子ちゃん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公の母。子供を叱る時はとても厳しいが、普段は優しい。極度の心配性かつ貧乏性で、毒舌な一面もある。しっかり者だが、自分に都合の悪いことにはシラを切る悪い癖がある。人混みが苦手。

年齢

40 歳

誕生日

5月25日

性別

趣味

刺繍

好きな食べ物

饅頭/焼きそば/天ぷら/エノキ

嫌いな食べ物

納豆

声優

一龍斎貞友

俳優

清水ミチコ/酒井法子/飯島直子/若い頃:国仲涼子

星座

双子座

体重

58 kg

血液型

A 型

髪の色

髪型

パーマ

職業

主婦

配偶者

さくらひろし

子供

さくらももこ/さくらさきこ

父親

さくら友蔵

母親

さくらこたけ
昭和中期のあるある肝っ玉母さん「さくらすみれ」の魅力とは?『ちびまる子ちゃん』
【画像】さくらすみれ(ちびまる子ちゃん)
 主人公「さくらももこ」のお母さん「さくらすみれ」。“肝っ玉母さん”の代名詞のような女性です。彼女は、台所を中心に、炊事、洗濯、掃除、子どもの勉強のチェックなど、当時の主婦の王道のような、ザ・お母さんですが、日常あるあるギャグなどもしっかり出してくる、さくら家にはなくてはならない女性です。今回は、そんな母「さくらすみれ」の魅力についてご紹介したいと思います。
独身時代とのギャップ
 すみれは独身時代、いわゆるモガ(モダンガール)でした。まる子の父「ひろし」と結婚し、「さきこ」と「まる子」の母となった後の姿からは想像もつかないような、お洒落で品のある女性でした。ひろしと出会った頃のすみれは、なんとも奥ゆかしく物静かな女性でしたが、父子と義父母を持った専業主婦のすみれは、かくもこのようにしっかり者の肝っ玉母さんとなりました。たくましさと愛情を惜しまないさくら家の頼れる母なのです。
肝っ玉を駆使して教育
 だらしない生活を送るまる子を、いつも「まる子ぉー!」と1日何度も叱り飛ばすのが、母すみれの大事なお仕事。多くの人々がすみれの姿に、“日本の母”を感じるのは、彼女が時代(昭和)の母の正道をいくような女性だからではないでしょうか。すみれは私達に“お母さん業に一生懸命に取り組む日本のお母さん像”や、三代一緒に暮らす日本の家庭の主婦像も見せてくれ、どこか懐かしさと感動・共感を、読者や視聴者に与えてくれるのです。だからこそ、まる子の母すみれが登場すると、どこか安心とワクワクを感じるのでしょう。
見栄も張ってくれる主婦
 主婦すみれは、まる子が何かをおねだりしても、「ダメです!」「どうせ勉強しないんだから必要ないでしょ?」と、なかなか応じません。さくら家はそんなに貧乏なのか?と思ってしまうほどに、おねだりをことごとく却下するのです。子供達にとっては、とても嫌なお母さんかもしれませんが、漫画としては読者や視聴者に、“裏切らないお母さん”という妙な満足感を与えてくれます。一方で来客などがあれば、やはり裏切らずに見栄を張ってくれ、奮発したケーキをニコニコと出してきて、それに便乗する子供達の腹黒い思惑をしっかりと満足させてくれます。それでこそ昭和のあるある母「すみれ」なのです。

 まる子の肝っ玉母さん。クリクリパーマに、長めのボックススカートとエプロン、そして暖かそうな靴下を履き、私達に日常ギャグな主婦ぶりをたくさん見せてくれる「さくらすみれ」。彼女こそ、良い面も悪い面も含め、私達がいつのまにか忘れてしまった“日本の母”のあるべき姿なのかもしれません。ぜひすみれの肝っ玉母さんっぷりに注目しながら『ちびまる子ちゃん』をお楽しみ下さい。
(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

記者(ハナブキ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


さくらすみれについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ちびまる子ちゃんのキャラクター 一覧
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!