アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:mrs.chevyさん

半田清舟

ハンダセイシュウ

ばらかもん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 小野大輔
23歳。清舟は雅号で、本名は「清」(せい)。
書道界の家元の後継ぎ。若き新鋭として名を馳せていたが、入賞作品を書道界の重鎮に酷評されて逆上し、暴力事件を起こす。大事には至らなかったが、父の「頭を冷やして来い」との計らいで単身、五島へ送られる。
プライドが高く、少し気難しい所があるが実は抜けた所が多々あり、面倒見も良い性格。子供の頃「成績は4と5しかとったことがない。」と言っており、習字以外の面でも優秀である事が窺えるが、料理は恐ろしく下手。猫が好きだが、猫アレルギーである。幽霊や虫は苦手。意外と順応力が高い。本人曰く「子供嫌い」だが、子供の扱いは上手い。じゃんけんが弱く、5勝負中5連敗するほどである。植物を育てるのが苦手であり、サボテンすらまともに育て上げたことがない。
生まれも育ちも都会のため、島での生活や独特の慣習にしばしば戸惑う生活を送っているが、彼自身も幼少時より書道に専念した生活を送っていたため世間知らずで一部常識に欠ける面があり、逆に島民たちから奇異の目で見られることも多い。

出典:wikipedia

誕生日:4月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
半田清舟とは?(ばらかもん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

有名な書道家を父に持つ、書道界家元の跡継ぎである青年書道家。いい意味でも悪い意味でも真面目且つプライドが高い。田舎の生活の不慣れな典型的な都会育ち。

年齢

23 歳

誕生日

4月15日

性別

あだ名

先生

弱点

幽霊/虫/子供/料理

声優

小野大輔

星座

牡羊座

身長

174 cm

髪の色

職業

書道家

父親

半田清明
ネガティブ系残念イケメン!?悩める書道家「半田清舟」の魅力とは?『ばらかもん』
【画像】半田清舟(ばらかもん)
 『ばらかもん』は、都会育ちで世間知らずの若者が、長崎県五島列島の離島で素朴な村人や元気な子どもたちと触れ合う中で、少しずつ人間的な成長を経ていくという物語です。今回ご紹介する「半田清舟」はこの物語の主人公。かなり過保護に育てられたおぼっちゃんで、島民たちからは「先生」と呼ばれています。
気鋭の書道家
 半田先生は23歳という若さながら、有名書道家の父を持ち、自分自身も高校時代から書道家として活躍しています。外見は島の子供「琴石なる」に「ジュノンボーイ」と呼ばれるほどのイケメン。島に行くまでは書道雑誌などにグラビアが掲載されるほどでした。その書風は、基本に忠実であるということ。ただ、基本に忠実すぎるために、個性がない「お手本のような字」などと言われます。島に来てからは「自分自身の字」を模索してします。
テンパリ系コミュ障
 そもそも半田先生が離島に行くことになったのは、ある書道展に出品した作品を、書道会の重鎮から「型にはまった字を書く」「つまらん字だ」と言われて衝動的に殴ってしまったことから・・・。頭を冷やせと自分の父親が若いころに暮らした島に半ば強制的に送られたためでした。

 ちょっとコミュ障のところがあり、テンパった衝動的な言動が多いです。本編では多少ましになっていますが、先生の高校時代を描いたスピンアウト作品『はんだくん』では、「半田ウォール」という壁を作って他者と交わろうとしない“輪をかけたコミュ障っぷり”が見られます。『はんだくん』では、衝動的な言動が変に誤解され、周囲から一目置かれてしまっていましたが、大人になってからはそれ相応の報いが跳ね返ってくるだけです・・・。
残念男子
 黙っていればイケメンの半田先生。しかし、引っ越してきた島の家に張ってあった御札や、出てきたネズミにビビるなど、結構な小心者です。なるの誕生日にクワガタをプレゼントしようとするものの、せっかく見つけたクワガタに触れません。釣りに行っても餌を付けられず、釣り上げた魚に触れずに全部なるにやってもらう始末・・・。

 また、料理を作ろうとすれば手に怪我を負い、写真立てに大切に入れているのは、中国の政治家であり、書家としては「宋の四大家」と称される蘇軾の絵。村の商店にある黒電話の使い方がわからないのに、知っていると見得を張り、無意識のうちにドヤ顔で恥ずかしいセリフを吐くなど、色々な意味で残念な人物です。
書道バカ
 とはいえ、書道にかける気持ちは真剣そのもの。島に来てすぐに自分の書風を確立しようと焦り、書道展に出す作品を書いていたときは部屋にこもり、打ち込みすぎたあまりに倒れて入院してしまいました。そんな先生に転機が訪れたのは、応募した書道展で自分より若い書道家に負け、落ち込んでいるところをなるに連れだされた村の漁船の進水式での「もち拾い」でのこと。

 パワフルな村人たちに押されて、撒かれるもちを取れなかった先生は、書道展でトップを取れなかったことと重ねあわせて、もがいても取れないならもう書道をやめてしまおうかと思いつめます。そんな先生を、村のもち拾い名人「やすば」が、上ばかり見て争うのではなく、相手に譲ることで得るものがあると諭します。それをきっかけに、先生は教えられた通りの字ではなく自分自身の字を書きたいと思うようになるとともに、もがきながらも少しずつ“自分自身”を出した字を書けるようになっていきました。

 いつしか島を「帰る場所」と思うようになった半田先生。あいかわらず衝動的に動いて痛い目に遭うところは残っています。しかし、そんな隙のあるところがきっと半田先生の長所であり魅力なのでしょう。このまま年をとっていけば、いずれは個性あふれる書道家になるはずです。
(C)ヨシノサツキ/スクウェアエニックス・「ばらかもん」製作委員会

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


半田清舟についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ばらかもんのキャラクター 一覧
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!