アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

キャサリン・グラス

キャサリングラス

マクロスF

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 小林沙苗
新統合軍参謀本部所属の中尉。2036年12月26日生まれの23歳[39]。通称キャシー。フロンティア大統領ハワード・グラスの息女にして、大学を首席卒業した明晰な頭脳と、過去に準ミス・フロンティアにも選ばれた美貌を併せ持つ才女[40]。オズマとはかつて男女の仲だった。オズマと別離後、大統領府首席補佐官レオン・三島の婚約者となる。
シェリルのツアー期間中担当責任者となる。後に転属となり、マクロス・クォーターにオブザーバーとして乗艦、航空機管制を担当する。当初は堅物な言動でブリッジクルーの失笑を買うが、戦いを経る内に急速に絆を深めていき、談笑するような間柄となる。やがて、オズマとよりを戻し始める一方、三島の行動に疑念を抱くようになる。物語終盤において三島によるクーデター計画の証拠を突きつけた際に婚約は破棄され、以降追われる身となりオズマと行動を共にする。
テレビ版漫画 - 名前は「キャシー・グラス」[c 2]。新統合軍所属であることは明記されているが、オズマや三島との関係、マクロス・クォーターに転属となる経緯、その他の背景などは描かれていない。
テレビ版小説 - 短編「アクターズ・スカイ」では、アキラ神島の熱烈なファンとされている。
劇場版 - 三島との接点はない。グレイスをスパイ容疑で逮捕しようとするが、上層部がギャラクシー船団からのSOS信号を無視する決定を出したことに動揺する。その後、自らマクロス・クォーターに搭乗する。
劇場版小説 - マクロス・クォーターに同行する理由は、新統合軍人の同行によって目撃証言の信憑性を上げるため、「クォーターごと闇に葬られる」ことを避けるためとされている[n 32]。その後もクォーターに在籍する理由は、建前上はS.M.Sおよびその監視下にあるシェリルの情報を参謀本部に提出するためとしているが、本心はオズマが目当てである[n 33]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【キャサリン・グラス】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【キャサリン・グラス】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


キャサリン・グラスについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>マクロスFのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!