アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

アイリス

アイリス

ポケットモンスターシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

『ポケットモンスター ベストウイッシュ』におけるヒロイン。BW1話から登場。ドラゴンタイプのポケモンを自在に操る「ドラゴンマスター」[3]を目指しており[4]、ガブリアスを使うシンオウ地方の女性チャンピオンのシロナには強い憧れを持つ。
褐色の肌と独特な髪型が特徴的。一人称は主に「あたし」。身長はサトシより若干低い。自然の多い竜の里で育ったために野生のきのみをそのまま気にせず丸かじりする、要所で軽い身のこなしを披露、きのみや薬草などの知識にも秀でているなど、ワイルドかつアクティブな少女。垂直な木や崖を駆け登ったり、高い所から落ちてもきれいに着地する、モグリュー相手にポケモンを使わずに生身で戦うなどかなりの超人体質でもある。こうした性格故に、幼少期にソウリュウシティに留学した際には都会で育った同年代の学友やその生活に馴染む事ができず、学園を飛び出している。
基本的に年相応の無邪気かつ陽気な性格。野生的ではあるが、可愛いポケモンが好きだったり、宝石に興味を持つなど女の子らしさもある。一方で生意気な面もあり、サトシが単純で直情的な行動をしたり、ポケモンの知識に乏しい事に対して度々「子供ねー」と呆れ気味に評している[5][6][7]。一方で、サトシのバトルスタイルやポケモンに対する優しさに感心する場面もある。また、サトシの強さもある程度認めており、ズルッグが加入するまではレベルの低いキバゴに対して本気で攻めてくるサトシとのバトルを避けている。当初こそサトシと些細な事で口喧嘩をしたり意地を張り合う事もあったが旅を続ける内に打ち解けていき、相変わらず度々子供扱いしつつも、悪いと思った事は素直に謝ったり、一緒に木登りや綱渡りで遊んだり、ドンバトル決勝やライモンシティ観光などでお互いに和気藹々したりしている[8]。しかし、Da!9話では些細な事から大喧嘩しサトシに絶交を言い渡してしまうものの、お互いに反省し仲直りしている。デントの「It's○○タイム」の際の奇妙な行動には度々呆れており、「面倒臭い」と言っている(カベルネやBW80話に登場したピノ・ノワールのテイスティングタイムにも同様の反応を見せた)[9]。イーストイッシュで対面したヒカリの事はデント同様に以前から話を聞かされて知っており、同性同士という事もありすぐに仲良くなっている。気は長いほうではないようで、釣りをした際には、待つことに嫌気が差して直接獲物を捕まえていた。またその際には、水中で水ポケモンを捕まえやすくするためとはいえ、大勢の人がいる前でレギンスを脱ぐという大胆な一面も見せている[10]。食いしん坊でもあり、BW8話では大量のコロッケをサトシと2人だけで平らげていた。ただし辛い物は少々苦手なようであり、本人は涙目になりながらも意地を張って食べるものの、同じく辛さにそれほど強くないサトシを子供扱いしていた。
好奇心旺盛で、野生や他人のポケモンでも気に入ったポケモンには積極的に触れており、(サトシたちもしていることとはいえ)バトルをせず突然モンスターボールを投げる傾向がある。ただし、その行為はポケモンからは良く思われない事が多く、ミジュマルやポカブをゲットしようとしたが、最終的に2匹ともサトシに懐き、彼にゲットされた。ロケット団をクビになったふりをしていたニャースに対しても、モンスターボールを投げて捕獲しようとするも、モンスターボールから脱出したニャースに、「ニャーは誰かのポケモンになるつもりはない」と怒られた。後にニャースの嘘が発覚した際には「ゲットしなくて良かったかも」と呟いていた。
ドラゴンタイプの使い手であるためか、自身もドラゴンタイプが苦手な氷タイプのポケモンに対して苦手意識を持っている[11]。そのため寒さそのものも苦手としている[12]。シューティーのバニプッチに怯えていた際には、髪型も変形していた。ただし、全ての氷タイプのポケモンが苦手という訳ではないようで、クマシュンやマンムーに対しては特に怯えてはおらず、BW81話のラングレーのバイバニラとの一件である程度克服出来た模様。またBW64話やBW77話では、災害類にも苦手意識がある一面も見せている。
基本的に目上の人間に対する礼儀はしっかりしているが、幼少期は「ドラゴンマスター」であるシャガに対し偉そうな口を聞くなど、現在以上に生意気な面があった。その後シャガに完敗したことで苦手意識を持つようになり、サトシがソウリュウジムへ行こうとした時や「イッシュリーグが開かれるヒガキシティへ向うには、ソウリュウシティを通る」と聞いた時は複雑そうな顔をしていた[13]。
科学的な分析を重要視するデントとは対称的に、祟りや呪いなどのいわゆるオカルト的現象を信じている。事件が起こった際にそういった現象が原因だと強く主張することなどもしばしばあるが、BW26話やBW64話では怪奇現象に怯える様子も見せている。またそのようなものの気配を感じることもあるが、その推測は外れていることが多く、サトシたちからはたいてい呆れられている。しかしポケモンの気配を感じることは得意であり、はぐれたキバゴやクリムガンを探し当てた事がある。また、BW59話ではユウト(声 - 立花慎之介)の指示で巫女の格好をして彼のゴチミルと共に儀式を行いランドロスを召喚する事に成功した。恋愛に関しては歴代ヒロイン同様、サトシ以上に理解しているが、食べながら話をするのでデントに呆れられている。本人曰く「恋愛話をするとお腹がすく」。
旅に出る前にモグリュー→ドリュウズで99勝を達成し、新人トレーナーのエミー(声 - 阿澄佳奈)のクリムガンがサトシのポカブとバトルした際には的確なアドバイスで彼女を勝利に導き、竜の里で行われたバトル大会やドンバトルではサトシを破って優勝している[14]など、トレーナーとしての資質はそれなりにある様子。また、ポケモンについての知識が豊富であることを示す描写も目立つ[15]。
手持ちに癖のあるポケモンが多い[16]ためか、ポケモンを育てる際や戦わせる際には自分の思い通りに出来ず苦労することが多い。また、ドリュウズやカイリューなど、自分のポケモンが言う事を聞かず勝手に戦いだすと、アイリス自身も冷静さを失いがちになり、感情任せに怒鳴ってしまう事が度々ある。そう言った意味ではサトシやデントと比べると未熟な面がみられる。船の上という場所を考えずに「あなをほる」を指示してしまい、ロケット団の船を沈めてしまったことも。
竜の里出身である為、特にドラゴンタイプには詳しく[17]、ドラゴンポケモンと会うと興奮する事もある。他のポケモンに比べて成長が遅いとされるドラゴンタイプであるキバゴなど、自分の手持ちポケモンの育成に対しては「だからこそ育てがいがある」と前向きな姿勢を見せている。また、竜の里出身の者はドラゴンポケモンと心を通わせられる力があると言われているがアイリスもその力の持ち主であり、暴れ者のカイリューに対して初めて力が発動し、カイリューの過去の記憶が脳裏を過ぎっている[18]。なお、幼馴染のショウブ(声 - 竹達彩奈)によれば、ドラゴンタイプと真に通じ合えるのは、「竜の里」においてもオババ様と他に数人しかおらず、その中の一人がアイリスであるとのこと。その為、シャガからはソウリュウジムの後継者候補とみなされている。幼少時代はドラゴンタイプが苦手だったが、手当てしたクリムガンが助けてくれた過去がある。特別編ではフカマルと心を合わせ、更にフスベジム戦でもカイリューともあわせられるようになり、力を使いこなしつつある。
ポケモンをゲットする際のセリフは「○○ゲットで、どどんがどーん!(通常時)/ドラゴンウイッシュ!(ドラゴンタイプをゲットした時)」。
モデルはゲーム『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に登場するキャラクター。ゲームでジムリーダー[19]として登場したキャラクターがヒロインを担当するのは無印シリーズのカスミ以来の事となる。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【アイリス】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【アイリス】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


アイリスについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!