アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:Love♡さん

デント

デント

ポケットモンスターシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

BW5話から登場。ポケモンソムリエであり、階級はAクラス。サンヨウジムのジムリーダーの一人でもあり、ポッド、コーンとは三つ子の兄弟である。
一人称は「僕」。普段の性格や口調は穏やかで物腰も柔らかく優しいため、アイリスから「紳士的」と評されており、サトシとアイリスが張り合うときなどにも双方をなだめる役割となることが多い。怒ることは少ないが、遊んでいたサトシとアイリスに料理を引っくり返された際などは珍しく声を震わせながら怒っていた。
その一方で、ポケモンソムリエとして話やバトルをする際や後述の趣味のこととなると熱くなり、語気が強くなったりするなど性格が変わる[4]。また、その際は「イッツ、○○タイム」と発し[5]、自分の事を「○○ソムリエ」または「ソムリエ○○」と自称する[1][6]。
タケシやケンジとは異なり、年上の異性に興味を持つ様な素振りはないが、BW29話では野生の♂のモンメンの恋愛には関心を持ち、恋愛への関心が低いサトシやアイリスに呆れる一面がある。
サンヨウジムがレストランも経営していることもあり、料理が得意でその性格や容姿から女性客からも人気がある。アイリスとは対称的に非科学的な物は信用せず、科学的な視点で物を見るタイプ[7]だが、BW26話では心霊現象に誰よりも怯えており、それがヒトモシの仕業だと判明すると途端に生き生きとしていた。昔チョロネコにひどい目にあわされたため、チョロネコが苦手である[8][9]。ただし、進化系のレパルダスに対しては、そのような描写はない。
非常に多彩な趣味を持つ。釣りに関しては特にこだわりがあり、釣り竿は折りたたみ式の特別製の物を使用し、ルアーは自分の姿を模したものを使用している。また地下鉄に関しての拘りも強く、ライモンシティの地下鉄の管理をしているサブウェイマスターのノボリとクダリを非常に尊敬している[10]。映画にも造詣が深く、大ヒット映画「氷の三部作」の主演で現在はセッカジムのジムリーダーであるハチクとその相棒のツンベアーの大ファンでもあり、彼が表舞台から姿を消した事にショックを受けていた[11]。また、ルークの映画撮影の際は演技についてサトシたちにアドバイスすることもある。「ソムリエ探偵」を自称するだけあってか推理力にもある程度は優れているが、当てずっぽうかつ見当違いな推理をしてしまうこともある。
町育ちのためか、アイリスの出身地の「竜の里」のようなのんびりとした生活に憧れている。
旅に出て以降はポケモンソムリエとしての見せ場が多いが、ジムリーダーとしても確固たる信念と誇りを持ち、「ジム戦はただ技を出し合うだけでなく、チャレンジャーの素質、ポケモンとの絆の強さを見極めるのがジムリーダーの役割である」、「バッジはポケモンとチャレンジャーにとって、誇り高き勲章である」と語っている。また、ジムリーダーとしての立場からのポケモンバトルの魅力について、「自分のポケモンが敗れるのは悔しいもの、しかしそれ以上にハイレベルなバトルを味わえる喜びがあるのもジムリーダーの醍醐味」、「自分が予想しない手を使ってくる相手とのバトルは実に楽しい」とも語っている。そのため、ジム戦を「エアバトル」と称するシミュレーションで済ませていたフウロに対しては、「ジムリーダーの風上にもおけない」と発言するなど怒りを露にしていた。
大胆かつ華麗なバトルスタイルが持ち味で、バトルではポケモンソムリエらしく料理用語を多用する。自分のポケモンにはどんなタイプにも対応できるよう、バランス良く技を覚えさせるようにしているが、サトシとの旅で他のトレーナーへのアドバイス時にはそのトレーナーの性格などに合った戦い方をアドバイスするようになった。口癖は「イッツ、○○タイム」、「○○なテイスト」で、ポケモンを出す際の言葉は「行け!○○!」だが、ヤナップを出す際のみ「行くぞ!マイビンテージ!ヤナップ!」と言う[12]。ゲットの際の台詞は「○○ゲットで、グッドテイスト!」。テイスティングする際の言葉は「イッツ、テイスティングタイム!」。
モデルはゲーム『ブラック・ホワイト』に登場するジムリーダー。約13年半レギュラー(オレンジ諸島編除く)を務めたタケシがポケモンドクターを目指すことになりサトシと別れたため、入れ替わりにレギュラー出演することになったキャラクターで、ヒロイン以外のレギュラー変更はケンジ以来11年ぶりとなった。1番目のジムリーダーで料理が得意である事や、普段は頼りになるが自身の好きなものに対し周囲が呆れる程没頭してしまう点もタケシと同様で、タケシを知るヒカリからはその共通点を指摘されている。ジムリーダーの仲間は次回作『ポケットモンスターXY』のシトロンにも受け継がれている。イーストイッシュで対面したヒカリの事はアイリスと同様に以前から話を聞かされて知っており、ヒカリのポッチャマを「胸躍るテイスト」と称し、ヤナップでバトルしたが引き分けになった。ソムリエ探偵デントを披露した際は、ヒカリに「変わり者」と評されている。
キャストクレジットではピカチュウとアイリスの間であったが、『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』と『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』におけるキャストクレジットではアイリスのキバゴより下の5番手であった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【デント】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【デント】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


デントについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!