アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

佐藤洋

サトウヨウ

ベン・トー

0

pt

キャラクター紹介

声 - 下野紘
本作の主人公。私立烏田高等学校1年。身長は1巻の時点で173cm。実家を離れ、半額弁当に手を出したのを機に「ハーフプライサー同好会」へ入部し、半額弁当を求める「狼」となる。
座右の銘は「バカと体力には自身あり」。変態行為を(不可抗力もあるとは言え)作中で何度も披露するが、自身は変態であることを否定している。一家そろってセガのコンピュータゲーム好きで、1歳の時から「セガのゲームのお世話になって」いる。子供の頃に父親の職場で爆死しかけたり、中学に入るまでキップを買わずに駅の自動改札口を通っていた。学業の成績は意外にも優秀で学年上位50位に必ず入る程である。中でも理数系が得意で蘭から教えを請われる程である。
体力については父親が絡んだ小学3年の夏休みの事件により自信がある。また祖父に様々なトラップ技術を仕込まれており、小学4年生の夏休み自由研究は勇気を被験者にしたトラップ動画を提出している。なおこの動画は作中のネットに流出しており、好評価を得ている。また狼の中にもファンは存在する。
仙の策により、半ば無理やりにハーフプライサー同好会に所属する。優との共闘で得た初めての半額弁当が月桂冠であり、その勝利の味が忘れられないために《ダンドーと猟犬群》の誘いを蹴り、ハーフプライサー同好会に継続して所属する。以降、狼としての頭角を現し《帝王》や《オルトロス》と相対する。
勝負事に対しては相手にハンデを与えることはあっても決して手を抜かず、全力でぶつかることを信条としている。また、勝っても負けてもそれ以前と同様に相手と接する為、相手から嫌われることは少ない。
戦闘では主に徒手空拳やカウンター技を多用しているが、他の狼の技の模倣や相手の特徴を見極めた上で戦い方を即座に変える柔軟性を持つ。また、腹の虫の加護が極限まで達すると「黒い犬」と呼ばれる状態になり獣じみた動きで敵を圧倒するため、先の特徴と合わせて二つ名の由来となっている。連からは《変態》の二つ名を付けられてしまっているがまだ定着はしておらず、自身の二つ名の話題になるたびにごまかしている。しかしその変幻自在な戦闘スタイルから「変態」を別の意味で捉えた鉄平より、8巻終盤で《カペルスウェイト》の二つ名を与えられる。以降、《カペルスウェイト》状態になると腹の虫の加護のリミッターが外れ、普段とは比べ物にならないほどの動きを見せ、地方の二つ名を持つ狼や歴戦の猛者達らと互角以上の戦いを繰り広げる。
主人公でありながら扱いは良くなく、表紙にはあまり飾られていない。原作の登場人物紹介ですら、段々と扱いが小さくなる上に6巻では遺影で登場している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【佐藤洋】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



佐藤洋についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ベン・トーのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!