アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:その他とんこつさん

真木夏緒

マキナツオ

恋愛ラボ

0

pt

キャラクター紹介

声 - 堀江由衣 / 赤﨑千夏
通称「マキ」。本作のもう一人の主人公。2年2組の女子生徒(クラスはリコとは別)。生徒会会長。8月23日生まれ。身長154cm。血液型はB型。座右の銘「敢為邁往」[3]。
もともとは副会長だったが、エノが職務放棄をしたために生徒会長に[注 7]。
藤女幼稚舎から持ち上がりのお嬢様。小学校の時には既に児童会会長職をこなす。2年生首席と学業優秀で教師からの信頼も厚く、清楚な容姿と立ち振る舞いから他生徒からは「藤姫様」と呼ばれて尊敬されている[注 8]。料理も得意で(本人の言によればマグロの解体もできる)手先も器用と万能ぶりを示すが、絵心だけは致命的に欠けている。髪型は黒髪のストレートで、これがリコのアンケートで男子に人気があるということがわかると、この点を重要アピールポイントにしている。マナーは幼少時から祖母や叔母などから厳しくしつけられており、洋菓子も食べる際に崩れやすいミルフィーユ一択で鍛えられていたが、食べ過ぎたため苦手になってしまった。
だが清楚な見た目とは裏腹に実際はかなりのボケキャラ。本人もそれを自覚しており、有能であると思われたり、言われることに喜びを感じている。
また、今まで恋愛経験どころか異性との関わり自体がほとんどなかったために、特に恋愛に対する妄想が激しい。生徒会活動は彼女の意向により通常の業務に加え、「恋愛の研究」および「恋愛の練習」を行なう場としているが、恋愛の考え方が独特で、時にとんでもない方向に行ってしまうことがあり、その度にリコやヤン(恋愛研究については知らないが)から突っ込まれる[注 9]。さらに生徒会予算から恋愛研究用に「文化祭用」と称して学生服や各種衣装を購入するという一面も持つ。これらの「恋愛研究」に関係する部分は、マキ本人のイメージダウン防止、また校則で「異性との交際は禁止」となっていることもあり、教師や他の生徒には隠している。そのため、研究は生徒会室の内部のみでこっそり行われることが多い[注 10]。フィクションに影響された妄想からスタートしている上に、「計算高い上に計算式も答えも間違う」(リコ談)マキの導く結論が突飛なものであるため、研究の成果はほとんど上がっていないに等しい。実際、現在のところ作中でマキがまともに会話できている「同世代の異性」はヤン、ナギおよびレンくらいである[注 11]。なお恋愛以外のことに関しては常に冷静・的確な判断を下しているが、的確すぎてリコから「気持ち悪い」と言われることもある。普段は怒ることは滅多にないが、本気で怒ると恐いようであり、常に強気の立場であるリコが怯え、口の悪いヤンに対して自分も言い返して彼に敗北感を味合わせたりしている[注 12]。
「人の頼り方を知らない」ため、なんでも一人でやって(やろうとして)しまう性格で、リコ加入以前の生徒会活動は事実上彼女一人で行なっていた。人を頼ることができるようになった現在も、可能な限りどこもかしこも全力で取り組むため、リコやヤンは関心しつつも心配している。また、小学校時代から他人との友人関係を構築することもあまり得意ではなかった。そのためかお互いに親友だと認め合っているリコへの信頼は非常に高い。ただし馴れ合いの関係ではなく、リコのダメな部分に対してさり気なくキツいツッコミを入れることが多い。
興奮すると話の主語を省略するようになり、聞き方によっては大変恥ずかしい内容になる。上目遣いや流し目などの「目」の使い方が物凄い下手で見る者に恐怖を感じさせるほど。
有名下着メーカー「トゥルーツリー(「真木」の直訳)社」[注 13]の令嬢であるが、ある理由(真木正信の項参照)から、彼女の前ではランジェリーの話題は禁句となっている。
リコの幼なじみのナギに対してはすぐに嫌みを言うヤンとは対照的なやさしい一面に好印象を持っている。しかし、ナギへの感情はあくまで友達としてであり(故に、親しくなってからは、内心で女の子みたいで可愛いと思うなど、昔のリコと似たような感情を抱いている)、リコがナギのことを好きと自覚してからは、二人の仲を応援している。
最初は悪印象だったヤンに対しては「(ヤンの勘違いではあるが)名前で呼び捨てにされる」「初ツーショットを撮られる」「階段から落ちそうになったのを助けてもらう」など自分の恋愛妄想シチュエーションをクリアされまくることで苦手意識と対抗意識を持つ反面、「成り行きで『自分がそうだ』と言いそびれているうちに『藤女生徒会長』へのほぼ手放しの賛辞を聞かされ続ける」「さんざんイヤミな態度を取られながら、最後の最後で褒められる」「自分の写真を見て微笑まれる」などの言動で顔を赤くするなど徐々に彼のことを意識している描写が見られ[注 14]、文化祭準備の頃にはリコがヤンの(あるいはその逆の)ことを話したり、二人が親しく会話する光景を見る度に「のどに魚の小骨が刺さった感じ」になったり、南中と藤女の文化祭の会議でヤンが自分の視線を逸らした際、不満な表情になったり、南中の生徒会書記の工藤に二人の仲を茶化されてヤンが大げさに否定した際、ショックを受けている[注 15]。ただし、憎まれ口をたたき合いながらもお互いを「対等の存在」と認め合っていることもあって仲は徐々に進展しつつあり、リコからもなんだかんだで仲良くなったと思われている。

出典:wikipedia

誕生日:8月23日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【真木夏緒】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【真木夏緒】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


真木夏緒についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>恋愛ラボのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!