アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

味吉隆男

アジヨシタカオ

ミスター味っ子

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声:大塚芳忠(4、13、22話)→井上和彦(43、44話)→山寺宏一(51話)
昭和57年4月30日没。戒名は味道探究居士。ある料亭に料理人として働いていたが、一人娘である法子と恋に落ち、駆け落ち同然で料亭を辞め、日之出食堂を開店させる。料理の腕前は和洋中全てに精通しており、「下町の包宰」と呼ばれていたほど。人間としての魅力にも長けており、多くの料理人に影響を与えている。そのため、日本全国はもとより香港にも弟子がいる。
『ミスター味っ子II』では、10代の頃に初代味皇の村田源三を破ったことが語られ、その後年に船で海に出た際に嵐で難破して行方不明となったこと、十中八九生存していないだろうという見込みから妻子によって死去ということにしていた事実が明らかになった(前述の命日はその事故があった日とのこと)。孫にあたる陽太はこの事実を第50回味皇GP終了後に父・陽一から初めて聞かされた。
第50回味皇GP終了後に中国に戻った虎峰が隠れた名料理人を探す視察で雲南省を訪れた際、案内人から記憶喪失となって中国に流れ着いた凄腕の料理人が経営するという小料理店を紹介され、そこで店主が陽一と同じ二度揚げ特製カツ丼を作ったことと、虎峰が陽一の名前を呟いた時に懐かしさを見せる反応を示した為、陽一と法子が連絡を受けて中国に確認に向かおうとするところで物語は終了となった。その後発売された最終13巻に掲載されている巻末絵から生存が確認され、妻子の下に戻ったことが明らかとなった。
名前が『ミスター味っ子II』の終盤では「隆夫」となっている。
アニメでは、料亭で働いている時、味将軍グループからの誘いを拒んだため、味将軍の罠で料亭を追われ、あらゆる店からも入店を拒まれているという設定が追加された(法子との結婚はその後)。また死去した年月日は「昭和58年1月21日」となっていた(第15話。なお「1月21日」はこの話が放送された日)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【味吉隆男】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【味吉隆男】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

味吉隆男についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ミスター味っ子のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!