アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

赤坂衛

アカサカマモル

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

「暇潰し編」で語られたように、多くの世界において雛見沢村に来ることにより自分もしくは雪絵の死を迎える運命にある。梨花はそれを救うための助言をする代わりに、自分の未来における死の運命を変えてくれることを懇願する。これには全ての世界で答えることができず、梨花が無残な死を遂げた時、彼女の願いに初めて気付き、「彼女を救えるのは自分だけだった」と繰り返し後悔することになる。
「皆殺し編」では、温泉旅行の道中に雛見沢へ立ち寄り、昭和58年6月に初めて梨花の前へ姿を見せる。だが、この時は期待に反して何ら活躍することなく、すぐに雪絵と旅立ってしまった。これは、昭和53年に梨花の助言で東京へとんぼ帰りしていて、雪絵が救われる代わりに梨花の懇願を聞く機会がなくなってしまったことによる。その結果「赤坂は肝心な時にいなくて使えないのです」と梨花に言われてしまい、「祭囃し編」で活躍をするまで、「温泉」という不名誉(?)なあだ名を頂戴してネタキャラ扱いされるハメにもなった。竜騎士07によると、これは「ある一人のヒーローの存在がこの物語を解決できるわけではないという比喩」であり、「コミュニケーション・団結でしか打ち勝てないというこの物語の価値観とは矛盾するため、一人の英雄が助けてくれるという赤坂の存在は否定した」演出である。だが、「温泉!」「温泉!」と連呼されたネットでの反応を哀れに思い(蔵出し編)、結局は「祭囃し編で挽回させてやろうと、かっこいいシーンこれでもか、これでもかと出す」ことになったという(ひぐらしのなく頃に祭 公式コンプリートガイド)。
「祭囃し編」では、再び昭和58年6月の雛見沢にやってくる。旅行のついでに会いにきただけだった「皆殺し編」と違い、梨花を死の運命から救うためである(雪絵が助かる経緯が異なり、梨花の懇願も聞いている)。
この「祭囃し編」においては、昭和53年の事件以降に数多の修羅場を潜り抜けることで積んだ経験と、数多の世界で梨花と雪絵を助けられなかった後悔に「気付いた」ことが合わさって、その格闘能力は達人の域に達している。空手という枠にとらわれないダイナミックかつ実戦的な技の数々に加え、素手で車のフレームを歪ませ、その衝撃で反対の窓を突き破るほどの威力は、「徹甲弾並の破壊力」と恐れられているという(この「徹甲弾」は、公式キャラクターソングでも採用)。この格闘能力により、山狗の隊員を複数同時に相手をしても軽くあしらい、隊長である小此木をも五年越しの再戦において見事一蹴するという活躍を見せた。その際に赤坂が梨花に最も伝えたかった言葉として言い放った「梨花ちゃん…君を助けに来た!!」は名言とされている。
「鬼曝し編」の後日談ではオヤシロ様の祟りを追っているときに偶然暁と再会する。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【赤坂衛】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【赤坂衛】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


赤坂衛についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!