アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

シンジ

シンジ

ポケットモンスターシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

DP2話から登場。サトシのライバルであるポケモントレーナーの少年。レギュラーキャラクター以外で次回予告を務めたキャラクターでもある。
設定画の段階ではゲーム『ポケットモンスター 金・銀』のライバルと同じ姿だった。
兄はトバリシティで育て屋を営んでいるレイジ。兄のことは「兄貴」と呼んでいる。
映画『幻影の覇者 ゾロアーク』では、エンディングでディアルガとパルキアの像がある遺跡を訪れる場面で少し登場する。
BW2編でもエンディングの一幕に登場し、面識のないルークやシゲルと手を繋いでいた。

クールかつドライな性格で、バトル時を除いて感情の起伏を見せることはほとんどない。ポケモンに対する考え方はサトシと対照的である。自分の目的が最優先で周りのことは一切気にせず、時には冷酷非情で自己中心的な行動をとることがある。一人称は「俺」。
バトルスタイルはこれまでの自分のバトルの経験を最大限に生かし、相手の弱点を徹底的に突いたり、ポケモンの技や特性などをうまく利用する合理的なものである。対戦相手に合わせて相性の良し悪しや作戦を考えた上で、手持ちポケモンの入れ替えを行い[2]、技の調整やトレーニングを熱心に行うなど、事前に勝利するための研究・努力をすることを怠らず、ポケモンの力に頼りきらず自らも日々精進している。いち早く相手のポケモンの特徴や弱点を見つけ出すなど観察力もあり、使えると判断とした他人のバトルスタイルを吸収し自身のポケモンに取り入れることもある。そのためジムリーダーなどからは実力を認められており、シンオウリーグ以前までのサトシとのポケモンバトルでは敗北したことが無かった(ただし、一度ポケリンガで勝負した時には敗北を喫した)。
以上のような合理的な戦術が持ち味ではあるが、想定外の戦術を使用し意表を付く相手[3]には苦戦することがあり、レイジにもその点を指摘されている。
ジムバッジを誰彼構わず配布しているナギサジムを「あんなジムは認めない」、「最低のジム」と批判するなど、ポケモントレーナーとしての熱意や誇りは高い。一方でジンダイと対戦した際、「何のためにポケモンと共に歩むのか?」と問われても何も答えられず、トレーナーとして不完全な面も見受けられた。
シンオウリーグではサトシに敗退したものの、シロナからはサトシと共に「いつかチャンピオンリーグに勝ち上がってくる」と評されている。
運動神経が発揮されたのはDP6話の一度だけであるが、サトシ以上でヒコザル並の運動神経を見せた。口癖は「使えないな」や「ぬるいな」など(ただし、ジンダイに敗れてからは一度も言っていない)。モンスターボールを投げる際は「モンスターボール、アタック!」、戦闘時には「○○、バトルスタンバイ!」と言う。
ロケット団からは「ヒコザルの元トレーナー」、「むっつりボーイ」などと呼ばれているが、DP第133話ではシンジに負けたサトシを落ち込ませるため名前で呼ぶシーンがあった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【シンジ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【シンジ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


シンジについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!