アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ピンクちゃん

ピンクチャン

ポケットモンスターシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

風船タイプのポケモン。丸い形で、目が大きい。その大きな目で誘い込み、相手に歌を聞かせて眠らせる。色は全身ピンクで、目は青い。可愛らしい容貌から、女性人気が高い。大きく体を膨らませてから歌う子守唄は、いつもより長くて絶対に眠くなる。なかなか眠らない相手に対してはずっと歌い続けるようにするため、若干苦しい。ピカチュウの人気が爆発的に膨らむまでは、各種メディアでピッピと共に、かわいいポケモン代表として扱われていた。『金・銀』以降は進化前の形態としてププリンが登場し、十分に懐かせることでプリンに進化できる。また、プリンに「つきのいし」を使うことでプクリンに進化する。『ポケットモンスター X・Y』からは、フェアリータイプ[4]が新たに追加された。
『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』では、条件を満たすことでプレイヤーキャラクターとしてプリンを使用できるようになる。声優はアニメ版と同じくかないみかが担当している。 任天堂を代表するキャラクター達が活躍する本シリーズにおいては他のキャラクターの大半が各シリーズの主役級であるのに対し、プリンの参戦は意外なもので異彩を放っていたが、これはプリンがプレイヤーキャラの内の一体であるカービィと非常によく似た体型をしていたゆえ、基盤となるカービィのモデリングの流用によって1キャラ分の製作時間を短縮出来たためである。この時、他の候補にピッピも挙がっていたが、「やられ役」っぽさから最終的にプリンが選ばれたという経緯がある[5]。そのため、最も吹っ飛ばされやすく、シールドブレイクを起こすと一発KOになるなど弱いキャラとして個性付けがなされていた。
『大乱闘スマッシュブラザーズDX』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』にも解禁で隠しキャラとして登場している。初代では最も弱いキャラとして設定されていたのに対し、空中性能が高く設定されるなどの個性付けがなされ強化されている。スマッシュボールというアイテムを取ることで「最後の切り札」として「おおきくなる」という技を使うことが出来る。
『ポケモン+ノブナガの野望』ではヒロインであるオイチのパートナーポケモンとして登場する。
アニメ版では、第44話「うたって!プリン!」で初登場。多くの話で登場したが、最初から最後までゲットされたことのない野生のポケモンである。初めて出会った時は歌えなかったが、タケシのお陰で歌えるようになる。それ以来、歌が得意で相手に聞かせるのが好きだが、歌い終わった時には確実に付近の人やポケモン達は全員寝てしまっている。その事に不満を抱き、マイク型油性マジックペンで顔に落書きをして去っていく。歌のメロディはチルットと同じで、ゲーム中で聞ける歌のアレンジとなっている。声優はかないみか。
『アドバンスジェネレーション』・バトルフロンティア編では、「プリンの歌!パパの歌!!」で別個体のものが登場している。「かえんほうしゃ」などを使うかなりの強敵として登場。声優は池田千草。『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』ではポケモンコーディネーター・ウララのポケモンとして登場。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ピンクちゃん】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ピンクちゃん】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ピンクちゃんについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!