アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ジェイド・カーティス

ジェイドカーティス

TALES OF T...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 子安武人(幼少時代 - 不明) / 同左(幼少時代 - 本田貴子)
35歳・身長186cm・体重74kg / クラス:譜術士(フォニマー) / 誕生日:ND1982年・シルフリデーカン・ローレライ・22の日(11月22日 金曜日)
卓越した槍術の使い手と天才的な譜術博士の二面を併せ持つマルクト帝国軍第三師団の師団長にして、優秀な軍人を輩出し続けてきたカーティス家の養子(旧姓・バルフォア)。科学者や軍人の間ではその名を知らぬ者はいないほどの有名人。階級こそ大佐だが、将軍職に相応しい実力と功績を持つなど、能力の非凡さから「皇帝の懐刀」と呼ばれる一方、戦場で骸を漁るなどの噂から「死霊使い(ネクロマンサー)」の異名でキムラスカ・マルクトの両国で恐れられている。
両目に施された「譜眼」から大量の音素を取り込んで、六属性全ての譜術を操る優秀な譜術士(作中では闇属性の術のみ覚えない)。譜眼制御装置として眼鏡を掛けているが、実際の視力は高い。普段は「コンタミネーション現象」(物質同士が音素と元素の違いによって融合する現象)を利用し、右腕の表層部分に微粒子状にした槍を融合させて収納している。
冷静沈着で頭が切れ、パーティの頭脳的な役割をこなす。ただし確信が持てないことについては言葉を濁す傾向があり、それが原因となって事態の悪化を招く。他者には敬語と穏やかな物腰で接するが、その言動は掴みどころがなく、辛辣な皮肉屋。自分の嫌味によって周囲から買う反感さえも本人は楽しんでいるが、時にはルーク達を厳しく叱ることや諭す一面を見せ、アニスに言われるまでには本人すら自覚していなかった仲間への「信頼」を知る。
六神将に匹敵する実力の持ち主だが、序盤でラルゴに「封印術(アンチフォンスロット)」を掛けられて弱体化(後に自力で全解除している)。以降、そのままルーク達に同行する。
ケテルブルク出身で、同郷のディストや軟禁中だったピオニー九世とは幼馴染。幼少期から天才的な頭脳を開花しており、8歳で譜眼、9歳でフォミクリーの理論を開発した事でケテルブルクでは「譜術のバルフォア博士」として有名。だが「生物の死」に関して一切の感情を抱かず、魔物を笑いながら殺す恐ろしい一面も持っていた。ある日、素養の無い第七音素を扱おうとした結果、恩師ネビリムを焼死に至らしめ、瀕死の彼女にフォミクリーを掛けたことで、精神バランスの崩壊した不完全なレプリカ(モンスター)を生み出してしまう。以降、ディストと共に完全なネビリムの復活を目指して研究を続けていたが、ピオニーの説得で研究を放棄。生物レプリカを禁忌とし、今は過去の自らの行いを心から悔いている。
「テイルズ オブ シリーズ キャラクター人気投票」では第3回では3位、第4回では5位を獲得。「ビバ☆テイルズ オブ」や「カウントダウン☆テイルズ オブ」の司会も担当。各シリーズの予約特典DVDのチャットドラマ(彼の出演企画のみ)や漫画版では、本作よりも腹黒に描かれている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ジェイド・カーティス】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ジェイド・カーティスについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>TALES OF THE ABYSSのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!