アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

星野スミレ

ホシノスミレ

パーマン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

美少女アイドル歌手として幅広い世代に絶大な人気を誇る。年齢は須羽みつ夫と同い年なら11歳前後。歌番組のほか数々のCMやドラマなどに出演している、年収数千万円(平成劇場版では数億円)とも噂される売れっ子であり、女優として映画出演歴も持つ。小学生ながら分刻みのスケジュールで動く多忙な毎日を過ごしており、移動中の自動車の中で居眠りすることもしばしばだが、学業もおろそかにせず見事両立させている。
人気を呼ぶ一方で、学校にいても街を歩いていても常にアイドルとして特別扱いされてしまい、本当の自分を見てもらえず友達ができないことを寂しく思っている。
原作では家は大財閥かと疑うほどの超大邸宅で家族やお手伝いさんと同居している。シンエイ版アニメではニューヨークに住む両親と離れてマンションで一人暮らしであるなど孤独な描写をより強めている。マンションの部屋にはマネージャーと思われる女性が頻繁に出入りしており、同居もしくは身の回りの世話をしていると思われる。またペットとしてダックスフント・ロングが確認されている[1]。本名不詳、1960年代連載の原作では「鈴木伸子」という設定[2]もあったが、これは本編では一切明かされない。1980年代版ではクラスメートから「星野さん」[3]、母親から「スミレちゃん」[1]と呼ばれているため本名がそのまま芸名になっている可能性がある。苦手は料理や裁縫などの家事全般で電気炊飯器で炭の固まりを作ってしまうほどだが、アニメではミツ夫の好物であるホットケーキを作ったり、マフラーを編んだりするシーンも見られ、徐々に上達はしているようである。
1960年代版の原作では、パーマン3号との関連を容易に想像できるように描写されているものの、星野スミレとして直接物語に関わることはなく登場回数も少ない。これらのキャラクター設定・描写はほぼ1980年代版の原作によるものである。
パーマン3号(パー子)[編集]
星野スミレのもうひとつの顔が、正義のヒーロー「パーマン」の3人目のメンバー・パーマン3号(通称「パー子」)である。
他のパーマンと同様に、ある日現れた異星人バードマンよりパーマンセットを渡され、パーマンに任命された。まにあわせに選ばれた1号・2号とは違い、パーマンとしての基本的な教育も施されている。マスクの色は赤、マントとバッジの色は緑。パーマンとして活動中は、コピーロボットが仕事または学業を担当する。当初は「3号」という番号や「パー子」と呼ばれるのを嫌い「パーレディ」を自称していた[4]が、呼ばれ続けるうちに「パー子」で馴染んでしまったようで、自分でも「パー子」と名乗ることが多くなる。
パーマンの掟として仲間以外に正体を知られることは許されないが、星野スミレの場合はさらに、アイドルであることを知られて特別扱いされることを嫌い、仲間のパーマンにもその正体を明かすことはない。パーマンマスクを被った姿こそが本来の自分をさらけ出せる、「星野スミレ」にとっての素顔であると言える。そうすることでパーマン仲間といるときだけはのびのびできると感じており、スミレでいる時もバッジが鳴って呼び出しがかかるのを心待ちにしている。エピソードが進むにつれ、1号や2号から正体がスミレではないかと疑われるが、序盤においては力説まがいで否定するが、中盤以降はあえて否定しない事もあった。なお1967年放映のアニメ第1作の設定ではスーパーマンが「パーマンたちが素性の分からない仲間と上手くやっていけるか」を見るために、その指示で正体を隠している、ということになっている。
マスクを被りパー子に変身すると、スミレの時とはうってかわってお転婆で短気な性格になる。これは性格が変わるというよりも、星野スミレとして抑えていた地の性格が出ているといった方が正しい。ことある毎に、自身の正体である星野スミレとは仲がよいと言及し(現に自身のコピーと同行している場面を1号たちも見ている[5])彼女をだしにつかう天邪鬼ぶりを新アニメ版 (1983–1985) や原作[6]で見せている。特にパーマン1号=須羽みつ夫とは頻繁に口喧嘩をするばかりではなく、ビンタやパンチ、投げ飛ばすなどの暴力に訴えることも多々ある。これは1号が手加減しているのではなく、1号自身が「腕力ではパー子に負ける」と言っている[7]。なお、パーマン仲間で海へ遊びに行く時、1号が帰りたがらない際には、1号は置いて彼のマントは持って帰るというなど、意地悪な面も[8]。そのため1号や2号からは常日頃「女の子らしくない」と指摘される。それに応えておしとやかに振る舞おうと努力することもあるが、あまり長続きはしない。
やや頼りないものの正義感と責任感の強いみつ夫にほのかな好意を寄せており、みつ夫が同級生の沢田みち子をちやほやするのを見て女の子らしくない自分にコンプレックスを感じることもある。また、みつ夫が星野スミレの熱狂的なファンであるがゆえに、正体を明かせば一人の普通の女の子として扱われなくなってしまうことを恐れている[9]。原作漫画では直接に好意を示すことはないが[10]、新アニメ版(1983–1985)では好意を抱いているが素直になれない性格を示すことが多々ある。特に最終回「パー子の宝物ってなーんだ?」は、秘密の宝物を特別に見せてあげる、とみつ夫に手鏡を渡し、実は本当の宝物は鏡に映ったみつ夫自身だったという愛の告白をするストーリーであり、原作に比べてラブコメ色を相当に強くしている。
原作最終回「バード星への道(スーパー星への道)」でみつ夫が日本のパーマンの代表としてバード星への留学に旅立つ際、パー子はみつ夫にだけ素顔を見せ、笑顔で送り出した。この描写は1986年のてんとう虫コミックス第7巻発行時に加筆されたものであるが、それ以前に旧アニメ版(1967–1968)の最終回でみつ夫にだけ素顔を見せる描写がある。
シンガーソングライターの桃井はるこは今でいうツンデレと評している[11]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【星野スミレ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【星野スミレ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

星野スミレについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>パーマンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!