アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ニア・テッペリン

ニアテッペリン

天元突破グレンラガン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 福井裕佳梨
本作に登場するもう1人のヒロイン。彼女は「主人公の相手役」という役割のヒロインである。第2部より登場。名の由来は英語の「Near(近い)」。
螺旋王ロージェノムの実娘で王都第1王女。生まれてからずっと獣人たちの中で育ち、王都を出た事がなかったため、外界に対する好奇心が旺盛な世間知らずのお姫様。「○○ってなんですか?」とよく質問をする。口調は敬語だが、語彙はあまり豊富ではなく周囲の空気を読む能力に欠けている。しかしそれ故に、思った事はハッキリと言う性格で、己の意見や信念を曲げない強い意志を持っている。末端の獣人達は彼女を見た事が無いが、四天王とは面識がある。
特殊な髪の色と、クローバーの紋章(声を担当した福井は最初地球帝国宇宙軍のマークと間違えた)が瞳孔に浮かび上がっている特徴的な瞳を除けば、他は人間と変わらない容姿をしている。当初、髪はロングヘアだったが、敵に捕獲された際にヨーコの狙撃が髪を掠めて散切り頭になり、戦闘終了後にヨーコに整えてもらってショートカットになった。かなり華奢な身体付きだが、淑女のたしなみとして王宮で一通りのスポーツ教育は受けているため、意外な事に運動能力はヨーコよりも高い。料理が致命的に下手で、ロシウを病室送りにしたほどであるが、本人に悪気はない。誰も面と向かって「不味い」と言えなかった上に、味音痴のシモンとブータが「美味い」と食い続けたため、大グレン団の調理主任という役職に就いてしまう。そのため料理下手という自覚も持っていない。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ニア・テッペリンとは?(天元突破グレンラガン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

味方?敵?捨てられた可憐な王女様「ニア・テッペリン」の魅力とは?『天元突破グレンラガン』
【画像】ニア・テッペリン(天元突破グレンラガン)
 『天元突破グレンラガン』の「ニア・テッペリン」。敵だった螺旋王ロージェノムの王女として生まれ育てられますが、後に捨てられシモン達に助けられて仲間となります。ロージェノムを倒した後にシモンと愛し合いますが、その後敵として覚醒し、シモンの前に現れます。無邪気で可憐な王女様としてのニアと、冷酷にシモンを見下す敵としてのニア、果たしてニアの正体とは?今回は、そんな「ニア・テッペリン」の魅力についてご紹介したいと思います。
深窓の令嬢の無邪気さと王女としての態度
 ニアは、元々螺旋王ロージェノムの王女でしたが、ロージェノムに自分の存在を質問したところ捨てられてしまいます・・・。そこに偶然通りがかったシモンにより助け出されました。大グレン団の面々は、敵の親玉の娘ということで当然警戒しますが、深窓の令嬢として育てられたニアは、そんな空気を読む事など出来ず、無邪気に疑問をぶつけてきます。ニアの無邪気で可憐な様子に大グレン団の面々は困惑しますが、その後、来襲した敵がニアを抹殺しようとし、その敵に対してニアが毅然と立ち向かったことから、大グレン団の仲間として迎え入れました。深窓の令嬢としての無邪気さ可憐さ、そして王女としての毅然とした態度、このギャップがニアの魅力のひとつでしょう。
シモンとの恋
 ニアが大グレン団に保護されたときは、カミナの死後で、大グレン団が意気消沈していた時でした。そんな時に彼女がやってきため、その無邪気な明るさは、大グレン団の雰囲気を少し明るく変えました。特に、シモンは長い事落ち込んでいましたが、ニアはずっとシモンを励まし続け、後に復活を遂げるきっかけとなりました。この時を境にニアとシモンは恋に落ちて行きます。
敵として現れる
 螺旋王ロージェノムを倒し、つかの間の平和を手に入れた大グレン団。しかし新たな敵が現れ、しかもニアが新たな敵に作られた「メッセンジャー」として覚醒し、その姿を現します。容姿こそニアと一緒ですが、シモンを見つめる感情のない視線、冷え切った言葉、シモンの呼びかけに一切応じず、以前のニアとは似ても似つかない態度に・・・。この冷酷なニアにも、普段のぽわぽわしたニアとはまた違った魅力があると思います。
永遠の愛
 敵として覚醒したニアですが、シモンの必死の呼びかけで元のニアに戻ります。そして、これをきっかけとして敵に本拠地がわかり、最終決戦で敵をせん滅する事に成功します。戦後、ニアとシモンは結婚式をあげますが、愛を誓った直後にニアは消滅してしまいました・・・。敵として覚醒したニアが長く生きられない事もわかった上で、シモンはニアと永遠の愛を誓ったのです。ニアも、そのシモンの愛に満足したのか、穏やかに消滅していきました・・・。

 王女として生まれ、何不自由ない生活をしていたものの捨てられ、愛する者と一緒になったものの愛する者の敵となり、最後は愛する者を置いて逝ってしまう。こうして書くと、ニアの人生は波乱万丈でしたが、シモンと出会ってから消滅するまでの数年間は、とても幸せだったのだと思います。『天元突破グレンラガン』は熱い男達の物語ですが、ニアの存在は、そんな暑苦しい雰囲気をさわやかにしてくれる、一種の清涼剤のような効果がありました。それこそ「ニア・テッペリン」の存在意義であり、彼女の魅力だったのではないでしょうか。
(C)GAINAX/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ニア・テッペリン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ニア・テッペリンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>天元突破グレンラガンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!