アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:kyoさん

久城一弥

クジョウカズヤ

GOSICK―ゴシッ...

0

pt

キャラクター紹介

声 - 入野自由 / 江口拓也
本作の主人公。生年月日は1910年9月2日[6]。極東の島国からソヴュールに留学してきた帝国軍人一家の三男。非常に真面目な性格で、立派な軍人となるために日々勉強に励んでいる。家族は父と母、兄2人と姉1人。
優秀で自分とはまるで性格の違う兄達にコンプレックスを抱き、離れたいという思いから留学という選択をした。留学直後はその容姿(当時の欧州では珍しい黒髪に黒い目)と学園に伝わる怪談から「春に来る死神」その人であると噂され、その為に友人が出来なかった。原作では学園のある村で起きた殺人事件に巻き込まれた事がきっかけで、アニメでは図書館塔に怪談の出典を調べに来たことがきっかけで、ヴィクトリカと知り合う。以来、ヴィクトリカの初めてにして唯一の友人となる。ヴィクトリカとは、会う度に振り回されたりからかわれたりして苦労が絶えず、喧嘩をすることも多いが、窮地に陥った際には彼女を守ろうと奮闘する。特にセルジウスの占いを聞いてからはその意識が強くなっている。ヴィクトリカとの関係からグレヴィールとも顔見知りになったが、彼の理不尽な行為(ヴィクトリカに助言を求めるくせに、ヴィクトリカに礼も言わないなど)には少々呆れ気味であり、仲はあまりよくない。
基本的に優しく思いやりのある少年であり、美しい金色をしたものや花が好き。そうしたものを見たときに心を奪われたり、また歌が上手という特技を持っている。しかし当人はこうした趣味や特技を「帝国軍人の三男にあるまじき」ものと考えており、父や兄たちに知られたら叱られると思っているため、他人には隠している。
一方天然なのか忘れっぽいのか不明であるが、ヴィクトリカに絶交を言い渡されたにもかかわらず、その日の晩には「君、口がきけないの?」と言ってみたり、リヴァイアサン事件のときにケンカ別れしたにもかかわらず、ヴィクトリカの好物を買って戻って来たりと少々難解な行動をすることもある。
第二次世界大戦勃発[要検証 – ノート]に伴い母国へと呼び戻され、兵士として戦場に駆り出されてしまう。原作では語学に堪能であることを買われ通訳として重宝されるも、負傷したうえヴィクトリカに渡された指輪を敵兵に奪われてしまうが、足を引きずりながらも帰国を果たす。アニメでは理不尽な教官の暴力にもめげず、周りの仲間が命を落としていくなかでヴィクトリカとの約束を糧に無事に戦場を生き延びる。戦争終結後、母国にてヴィクトリカと再会を果たす。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt
kyoさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



久城一弥についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>GOSICK―ゴシック―のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!