アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

キャラクター紹介

作品紹介

赤子の時に流れ着いた孤島デルムリン島で鬼面道士のブラスなどのモンスターたちに育てられた少年。元々勇者に憧れており、かつての勇者アバンとの出会いをきっかけに魔王軍との戦いに乗り出す。その正体は、竜の騎士である竜騎将バランとアルキード王国の王女ソアラの間に生まれた混血児である。心の弱さ・醜さも含めて人間という存在を深く愛しており、大魔王バーンから「父バランのように人間達から迫害されるだろう」と予言された際には、バーンを倒して地上を去るとの決意を明らかにする。
元気一杯で正義感も強く、デルムリン島でモンスターと共に生活していた事もあり、生まれや立場等によって差別をせず、師の敵であるハドラーに対してもフェアに接した。レオナ曰く魂の力は「純粋」。その反面、字が読めないなど勉学面は最後まで不得手であった。初めて出来た人間の友達であるレオナを大切に想い、好意を持っている。一人称は「俺」だが、幼少時や後述の記憶喪失時の一人称は「僕」であり、アニメ版でも稀に「僕」と言うこともあった。
出生上、生まれつきの能力として「竜(ドラゴン)の紋章」を持つ。本来の竜の騎士は、マザードラゴンによって代々の竜の騎士から受け継がれる「闘いの遺伝子」を持ち生まれるのだが、人間である母親の血を濃く受け継いでいたダイには存在しなかった。だが、仲間たちと力を合わせることによって急速に成長してゆき、ハドラーやクロコダインに加え、同じ竜の騎士であるバランにさえその成長の速さを恐れられた。戦いにおいて独自の工夫をする一面もあり、一見して不発で終わっているメラの火の玉をバレーボールのように弾いて打ち出したり、バダックの使い古しの鎖かたびらを再利用して着込み備えたりした。一見無謀で大胆だが実は合理的な選択をする彼の戦闘姿勢を、バーンも気に入っていた。また、竜の騎士の特性なのかは不明だが、完全に疲れ切った状態から走っていたら、かえって体力が回復していたという奇妙な体質を見せたこともあった。魔法に関しては幼い頃からブラスに「魔法使い」になるために訓練は施されたものの、当人にやる気がなかった為、一度も魔法は使えず、アバンの修行でも魔法は覚えられなかったが[1]、ネイル村の長老に頼んで、自主的に習ったことで、メラの使用が可能となり、以降も戦いの中でバギやライデインを会得していった。
「ダイ」の名前の由来は「dinosaur(恐竜)」から。原作者曰く「竜に関する名前を主役に使いたいと思った」とのこと[2]。本名ディーノ[3]はアルキードの言葉で「強き竜」を意味する。本作では「闘気」がおなじみでミストバーンは二つの闘気は併用できないと発言しているが、実はダイだけが二つの闘気(光の闘気、竜闘気)を併用できる(ヒュンケルも光の闘気と暗黒闘気の両方を使っているが、片方を強くするともう片方が弱くなってしまう為、併用は出来ない)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ダイとは?(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

1989年に連載された本作の主人公。勇者になる事を夢見ている少年。アバンの使徒の一人。ピンチになると額に竜の紋章が浮かび上がり、強力な力や呪文等を使えるようになる。

年齢

12 歳

性別

声優

藤田淑子

髪の色

髪型

ツンツン

アクセサリー

両手首に包帯

職業

アバンの使徒

役職

竜の騎士

父親

竜騎将バラン

母親

王女ソアラ
純粋な心・勇気・強さを兼ね備えた勇者「ダイ」の魅力とは?『ダイの大冒険』
【画像】ダイ(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
 『ダイの大冒険』は1989年から1996年まで「週刊少年ジャンプ」にて掲載されたロングセラー漫画。主人公である勇者「ダイ」、そして「ダイ」の仲間たちが「大魔王バーン」を倒し、世界に平和をもたらすまでを描いた作品です。このロングセラー漫画は、国内だけでなく海外の人気も高く、台湾・韓国・スペインなど各国でコミックが販売されています。今回はそんな、強く純粋な心を持った勇気溢れる主人公「ダイ」の魅力についてご紹介したいと思います。
皆に慕われるダイ
 ダイは、幼少期デルムリン島で鬼面導士「ブラス」によって育てられます。デルムリン島は別名「怪物島」と呼ばれ、恐ろしいモンスターが徘徊している島。しかし、この多数の凶悪なモンスターを遊び相手に、ダイは平和に暮らしているのです。この幼少期の経験から、ダイの心は人を疑うことを知らない純粋な青年となり、島を出て大魔王バーンを倒す旅に出てからも、仲間や人を疑わない純粋な心で接するダイを皆は慕います。敵対していた相手が仲間になったり、自分の命を捨ててダイ達を助けたりする敵も出るほどに・・・。またバーンとの最終決戦時には、バーンの策略で地上が滅びそうになりますが、地上の人々がダイの呼びかけに応じ、世界を救うキッカケとなるのです。純粋な心と全幅の信頼をもって接することで、人々から愛され勇者となった魅力的なキャラクター、それが「ダイ」なのです。
強敵にも果敢に立ち向かうダイ
 ダイの見た目は、背が小さく青年になっても子供のようですが、自分よりも大きく強い相手でも決して怯む事なく戦いを挑みます。それは幼少期に勇者に憧れた事と、アバンから勇者とはどのような存在なのかを教えてもらった事が大きく影響しているのではないでしょうか。そしてダイは、自分より強い相手にも敢然と立ち向かい、数々の強敵を打ち破っていくのです。これだけ強いダイですが、決して一人でガンガン敵を打ち破り、味方を頼りにしない傲慢な勇者ではありません。仲間を大切にし、仲間がピンチになれば自分を犠牲にしても守ります。
親友ポップとの絆の強さ
 親友であるポップは最初の仲間であり、最後の戦いまでずっと信頼してきたパートナーです。最終決戦ではバーンを後一歩のところまで追い詰めるものの、バーンの策略により人類が滅亡するまで後3分しか残っていないことが判明・・・。その事実を知ったダイは絶望のどん底に叩きつけられるのです。しかし、ポップの激励を受け、再び立ち上がったダイはポップにこう言います。

「おれが・・・本当にくじけてしまいそうなとき・・・本当に諦めてしまいそうなとき・・・いつも最後の一押しをしてくれた奴・・・おれを立ち上がらせてくれた奴・・・」
「最高の友達・・・ポップ・・・!」
「君に出会えて・・・本当に良かった!」

 ふたりの絆の強さを見せつけられたシーンでもあり、号泣必至のシーンでもあります。どんなに辛い時でも苦しい時でも、このように信頼をおけるパートナーに出会えたからこそ、ダイはこの場面で立ち上がることができたのでしょう。強いだけではなく、絶対的な信頼を置くことのできるパートナーを持ったダイがとっても羨ましいですね。

 純粋な心・勇気・強さを兼ね備えた勇者「ダイ」。まだまだ魅力は隠れていると思います。是非『ダイの大冒険』を読んで(観て)いただき、ご自身の目で「ダイ」の魅力を見つけてください。
(C)三条陸・稲田浩司・堀井雄二/集英社

記者(廉【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ダイについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンクエスト ダイの大冒険のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!