アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

マァム

マァム

ドラゴンクエスト ダ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

(僧侶戦士→武闘家)
声 - 冨永み〜な
かつてアバンの仲間だった戦士ロカと僧侶レイラの間に生まれた娘。16歳。母レイラと共にロモス王国のネイル村に住んでいた。ポップの見立てではスリーサイズはB88、W59、H90。当初は、アバンから卒業の際に授かった、弾丸に込められた呪文を放つことができる銃「魔弾銃」を武器とする「僧侶戦士」であったが、フレイザードとの戦いの後(氷漬けにされたレオナの氷を溶かすために)魔弾銃が壊れたことと、自分より回復呪文に長けたレオナの加入を機に転職し、格闘と回復を兼ねた武闘家になる(武神流の師範であるブロキーナに弟子入りし、通常なら何年もかかるところ僅か数日間で武闘家としての極意を修得)。アバンには武術の基礎は習ったものの戦士としての専門的な技術は学ばなかったようであり、アバン流殺法の地・海・空の技は使えないが、武闘家転身後は力技・スピード技など、アバン流の影響とは断定できないがそれぞれに通ずる技を身に付けている。僧侶戦士時代は僧侶としては重量なハンマースピアを使用し、ハンマーの方をメインにしていた。転職後は、父親譲りの力とスピードを生かした攻撃と閃華裂光拳等の武神流の技を使用する。最終決戦時はロン・ベルクが制作した専用装備「魔甲拳」を使用し、手薄だった防御力が飛躍的に上がった。
男勝りな性格だが、内面には献身的かつ母性的。人を慈しみ労りぬく「慈愛」の使徒である。人に与える愛はあるが、本人は恋愛に関しては奥手で鈍感、まだ良く分からないという傾向がある。ヒュンケルの事が気になるが、エイミの積極的な行動をみて動揺する。それをポップに相談するが、彼から「ヒュンケルが好きなんだろう」と突き放される(翌朝、ポップの謝罪により和解した)バーンパレスに再度突入する際に、魔法陣を光らせる際に自分にポップが好意を持っているのだと気付く。その後改めてポップから告白された際にはポップをヒュンケルと同じくらい気になる存在だとしつつ、今の自分にはまだ答えが出せないと伝えた。結局、劇中ではその答えが出るまでには至らなかった(ポップは、冗談でキスをしようとした時、眼を瞑ってしおらしくなったマァムを見て、「脈あり」と称している)。敵味方問わず傷ついた者への優しさを見せるも、良く言えば優しい、悪く言えば甘さであり、アルビナスからは「虫酸の走る良い子ちゃん」と言われた。
アバンの元を卒業する際に「正義なき力が無力であるのと同時に力なき正義もまた無力」の教えを受け、"愛や優しさだけでは必ずしも他人を守れない"と自らの教訓としている。
最終決戦ではハドラー親衛騎団最強であるアルビナスと一対一で対決。上記の教えを改めて悟った後、初めて本気でアルビナスと対峙、死力を尽くした戦いができるほどに成長した。アルビナスは倒したものの、その後はミストバーン戦でミストによって憑依されるなどダメージを負っていたため、即座に「瞳」にされてしまいバーンとの決戦には参加していない(ダメージを負っていたのは合流した他のメンバーもだが、暗黒闘気によるダメージは回復呪文によって回復できないという特性を持つ)。
最終決戦後はポップ、メルルと共に旅に出ている。
名前の由来は「mam(母)」から。原作者によれば「パーティーのおふくろさん」。
〔技(僧侶戦士)〕魔弾銃による魔法攻撃、その他ベホイミなど中級レベルの回復呪文
〔技(武闘家)〕 閃華裂光拳、猛虎破砕拳などの武神流の技、その他ベホイミなど中級レベルの回復呪文(僧侶戦士時に習得していた呪文はそのまま使える。)

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
マァムとは?(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

アバンの使徒の一人。 呪文を篭められる銃を扱う。昔のアバンの仲間の娘。露出度の高い服を着ているためお色気担当だが、勝気で男勝りな性格の為色気はあまりない。

年齢

16 歳

性別

弱点

恋愛に奥手

声優

冨永み~な

髪の色

桃色

髪型

ポニーテール

職業

アバンの使徒

役職

僧侶戦士→武闘家

父親

戦士ロカ

母親

僧侶レイラ
コンプレックスを力に!アバンの使徒「マァム」の魅力とは?『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』
【画像】マァム(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は、週刊少年ジャンプで連載され、後にTVアニメや映画化もされた作品です。舞台はモンスターが闊歩し、騎士や魔法使いが当然のように存在する世界。剣と魔法とで繰り広げられる、もう一つの「DRAGON QUEST」です。今回は、「アバンの使徒」の一人でもある「マァム」の魅力についてご紹介をさせて頂きます。
腕っ節の強い僧侶戦士
 マァムはかつて勇者「アバン」と共に戦った、戦士「ロカ」と僧侶「レイラ」の間に生まれた子供です。年齢は16歳。ピンクの髪に男勝りの強気な性格と、それを表すような意思の強そうな瞳が印象的。母親似でとびっきり美人な上に、かなりグラマラスな女の子、それがマァムなのです。初期は攻撃魔法を使えないマァムの為に、アバンが特別に作ってくれた魔弾銃(まだんガン)を装備し、自分に出来る力でパーティ補助に徹していました。
コンプレックスを乗り越えて
 父親が戦士であった為か、マァムは攻撃魔法や強力な回復魔法の類を一切使えません。どんどん敵が強くなる中、わずかな魔力で戦うマァムは、仲間の為に自分に何が出来るのだろうかと悩みます。しかし、攻撃魔法が使えないからと嘆くのではなく、戦士であった父親から受け継いだ、自分のこの「バカ力」を活かそうとマァムは気付くのです。攻撃魔法を使えないコンプレックスを、自分が持つ違う特性で補う。例え落ち込んでいても、こうして必ず立ち上がるのがマァムなのです。
母性と慈愛
 作者も言っておられましたが、マァムの名前の語源は「MOM(母親)」です。更に作中において、彼女の象徴は「慈愛」であるともされています。その慈愛の心が、悲しみと復讐で目を濁らせていた「ヒュンケル」を救い、臆病なままではいたくはない「ポップ」をも奮い立たせました。無意識でしょうが、マァムは力が強いだけでなく、仲間たちに勇気を与える強さを持つ存在と言えるでしょう。

 また、マァムの周りには彼女に好意を寄せる男性が多いようにも思われます。ポップを筆頭に、武術の兄弟弟子「チウ」や、そんな素振りなど微塵も見せないヒュンケルさえ、マァムに関してはかなり感情的に動いてくれました。

 ヒュンケルやポップに対し、多大な影響を与えた「マァム」。実は、彼等からもたくさん影響を受け成長を促されたように思います。マァムの持つ母性や慈愛は、こうした仲間たちによってこれからも強く、より確かなものへと成長していくのでしょう。
(C)三条陸・稲田浩司・堀井雄二/集英社

記者(高塔【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【マァム】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



マァムについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンクエスト ダイの大冒険のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!