アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ハドラー

ハドラー

ドラゴンクエスト ダ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

魔王→魔軍司令→超魔生物
物語開始の時点では魔王軍の魔軍司令として登場。かつては魔王ハドラーと呼ばれ、自身の軍勢を率いて地上の平和を脅かした。その後勇者アバンに倒されるも、大魔王バーンの手により6大軍団を統括する魔王軍の司令官として復活を遂げ、ダイを始めとするアバンの使徒達と死闘を繰り広げる。その戦いの中、彼らを倒すことに自分の全てを賭けるだけの意義を見出し、最終的には魔族の体を捨てて超魔生物となるに至った(後述)。
名前の由来は怪物のhydraから。原作者曰く「蛇のような残酷な目の男」という意味。初登場時の風貌は竜王に似たものとなっている。後に原作者はプロ野球・ヤクルトスワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)に在籍していたレックス・ハドラーについて、「本当にこんな名前の人がいるなんて…」と驚いていた。
青い肌に加えて尖った耳や牙、鋭い爪などに魔族としての身体的特徴を見ることができる。また、左目側に黒いあざがあり、バーンにより肉体を強化されるたびにそれは大きくなっている。

一人称は「俺」。かつては魔王の名に相応しい極悪非道の人物で、人間を虐殺することなど何とも思っていなかった。バーンによって復活した後もそれは基本的に変わってはいないが、上にバーンという絶対的存在を抱いたために自らの地位に執着するようになり、バランとダイを出会わないように画策するなどの策を弄するようになる。ただし戦場においては必ず自らも出陣しており、ザボエラのように自分は安全な場所にいて他人を危険な目に合わせるなどといったことは好まない[1]。アバンは魔王時代のハドラーを「残酷だったが、戦士としての誇りがあり、最低限の戦いのルールは遵守していた」、ポップやクロコダインは魔軍司令時代のハドラーを「残酷だが卑怯じゃない」「ほめられた人格ではないが酷い策謀家でもない」と評しており、正々堂々と戦う点では敵方からも一定の評価を受けている。部下に対しては、バルトスを処刑するなど[2]、失態を犯した者には容赦ないが、ブラスに魔法の筒を託したり、先のバルトスも人間の子を育てるという酔狂を黙認したりと、働きのよい者は相応に厚遇しており、組織の長としての器量もそれなりに持っている。
ダイ達によって度々敗北し、「己の地位に執着しているような者が勝ちを掴めるはずがない」と悟ると肉体改造を行い、超魔生物化してからは心機一転、ダイ打倒のみを志して戦いに望むようになる。以後は武人として全力を尽くして強者にぶつかっていくようになった。
敵方でありながらもポップに比肩する成長を見せたキャラクターであり、原作者の三条は「ハドラーがここまでの武人に成長するとは思わなかった」とコメントしている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ハドラーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンクエスト ダイの大冒険のキャラクター 一覧
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!