アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

アレクサンド・アンデ...

アレクサンドアンデル...

HELLSING

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 野沢那智(TV版) / 若本規夫(OVA版)
イスカリオテ機関の神父。ヘルシング機関におけるアーカードのような存在で、対化物用の鬼札と言われる。「聖堂騎士(パラディン)」「銃剣(バイヨネット)」「天使の塵(エンジェルダスト)」「殺し屋」「首切り判事」「リジェネレーター(再生者)」など数多くの異名を持つ。また、作中アーカードが唯一「宿敵」と呼び実力を認めた「人間」である。
普段は温和で優しい神父で、孤児院に勤めている。子供たちに慕われているが、その裏の顔はマクスウェルに輪をかけた筋金入りの狂信者であり、子供たちの喧嘩を仲裁した際には「暴力を振るって良い相手は悪魔(バケモノ)共と異教徒共だけです」と述べた。なお同じ機関員であるマクスウェル、ハインケル、由美江などはこの孤児院の出身である。孤児院の子供たちには深い愛情を注いでおり、マクスウェルとインテグラの会談が行われた美術館に「子供たちを連れてこよう」と言った時には晴々とした笑顔を見せていた。
生身の人間でありながら生物工学の粋を凝らした「自己再生能力(リジェネレーション)」と「回復法術(ヒーリング)」により、たとえ頭を銃で撃たれても瞬時に回復する。武器は大量の銃剣(銃に装着せずそのまま手に握る)で、単純に刀剣としての格闘以外にも投擲武器としても使用し、鎖に爆薬と共に括りつけて攻撃する「爆導鎖」などバリエーションがある。また聖書のページを護符のように利用し、結界を張ったり突然の出現・撤収を行ったりもする。
第二次ゼーレヴェ作戦の発動時、十字軍本隊に先駆け、武装神父隊を率いて英国に上陸する。マクスウェルの行動を「神ではなく“神の力”に仕えている」とし、自らの意志をもって独自の行動を取る。最終的にアーカードの“死の河”によって十字軍が壊滅する中、マクスウェルに実質的なとどめを刺して殺し、第九次十字軍遠征失敗を宣言した。
その後、アーカードに闘いを挑み、激烈なる死闘の末、ついにはアーカードの制止を振り切り、切り札として用意した聖遺物「エレナの聖釘」を自らの心臓に刺し、人間であることを捨て、棘の化物と化してアーカードを追い込むも、最終的に心臓を握り潰され敗北。最期は涙を流すアーカードを諭して地獄での再会を約束し、孤児院の子供たちに想いを馳せながら塵のように朽ち果て死亡した。
短編『CROSS FIRE』にも登場するが、名前は英語風に「アンダーソン」になっている(ただし頬の傷が無く、所属も第3課「ヨハネ」になっている)。なお、ドラマCDでは3話でハインケルと由美江に教祖を殺害され、新興宗教の残党に包囲された二人を援護する(そして異教徒を皆殺しにする)ために自ら戦う場面が追加された。原型は『ANGEL DUST』の主人公で元殺し屋の神父アンデルセン。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【アレクサンド・アンデルセン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【アレクサンド・アンデルセン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

アレクサンド・アンデルセンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>HELLSINGのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!