アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

少佐

ショウサ

HELLSING

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 飛田展男(OVA版)
ミレニアムのリーダー。眼鏡をかけた肥満体の小男。作中では「少佐」「総統代行」「大隊指揮官」などの階級・役職名でしか呼ばれていない。
「目的のためには手段は選ばない」という『君主論』を引き合いに出した上で、「手段のために目的は選ばない」と謳うほどの戦争狂。その言動の節々に戦争に対する狂気がある。また相当な策略家で、自軍の損失を含めて全て計算通りに事を進めている。逆に射撃の腕はとてつもなく下手(ドクに親衛隊に入隊出来たのが不思議がられるほど)。その真の目的はアーカードを打ち倒すことであり、ロンドンへの侵攻も、究極的には吸血鬼アーカードを破るための一手であった。
現在の身体は無数の機械装置で構築されたサイボーグであり、60年前と比べても外見上は全く老化が見られない。「人間」を「意思の生き物」と定義しており、それゆえ血液を介して他者と融合する吸血鬼の本質を憎み、これを否定する。たとえ見た目が「化物」のようであっても確固たる意思を持つ己は「人間」であるとしており、逆の存在である吸血鬼(アーカード)を人として倒すことを人生の目的とした。第二次大戦時に重傷を負った際、生きながらにして吸血鬼になれる可能性があったにも拘らず拒絶している。
第二次大戦中にヒトラーより「総統特秘666号」を受け人工吸血鬼製造研究を始める。1944年、ワルシャワにあった吸血鬼研究機関をヘルシングに潰され、その後自身もソ連兵によって瀕死の重傷を負う。しかし大尉と博士に救助され、戦後南米に逃れる。その後、形式上は階級では上官にあたるナチス残党の将官や大佐らが上層部に就き、自身はその下に従う立場であったが、第二次ゼーレヴェ作戦を前にこれを粛清し、名実共にミレニアムのリーダーとなる。その後、ロンドンに侵攻し壊滅的な打撃を与え、自らの策略通りアーカードを消滅させることに成功する。その後宿敵と認めて自ら飛行船に招き入れたインテグラとセラスと対峙。最期はインテグラとの撃ち合いで額を撃ち抜かれるも自身が最後に撃った銃弾が初めて命中しインテグラの左目を負傷させた事を喜びつつ、自分が起こした戦争を「いい戦争だった」と満足げに語り微笑みを浮かべながら絶命した。
カバー裏などのオマケでは、キャラが一転して側近の大尉、博士と共にアニメオタクと化しており、コミケに参加している。最終巻のコスプレ大会では殿下のコスプレを披露し、その顔を再現するためにかなり無理をして表情を作っていた。
原型となったのは『COYOTE』に登場する悪役キャラ、モンティナ・マックス。髪型・衣装は同じだがモンティナは痩身の青年で、「少佐」としてこの作品に登場した当初はそれほどの肥満体ではなかった。その続編である『ANGEL DUST』では、サイボーグ化され長髪長身の美形キャラとなって再登場している。絶対的な敵役として登場するのは同じだが、無意味な蛮行が殆どを占めた『COYOTE』に比べると『HELLSING』の少佐は全体的にかなりまともな性格になっている。[注 5]
『HELLSING』作中では本名は明かされず終いだったが、4巻41Pの背景の文字中や5巻表紙カバー裏側の身分証では、原型と同じモンティナ・マックスとなっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【少佐】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【少佐】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

少佐についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>HELLSINGのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!