アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ロールパンナ

ロールパンナ

それいけ!アンパンマ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 冨永みーな
性別 - 女 / 初登場回 - TV第300話「ロールパンナのひみつ」
1994年9月(TVアニメ版の放送では300回記念)に初登場。ジャムおじさんがメロンパンナの為に作ったロールパンの女戦士。白い布で顔を覆っており、額の部分には赤い「R」の文字が書いてある。黒い服を着ており、布と同じ白い手袋とブーツを履いている。ジャムおじさんは最初は単なる仲間を作るつもりだったが、メロンパンナがお姉ちゃんが欲しいと言ったので彼女より後に生まれたが姉になった。一人称は「私」で、男性的に話す[41]。メロンパンナ同様、現在の姿で誕生している。名前はメロンパンナに似せて名付けられた。
妹のメロンパンナが10年に一度咲く『まごころ草』を偶然見つけた事でその花粉を加えてジャムおじさんが作ろうとしたが、それを聞きつけたばいきんまんが『バイキン草』のエキスも入れてしまった為、善悪両方の心を持ったロールパンになってしまった[42]。その為に基本的にパン工場にはおらず、くらやみ谷や高い岩山があちこちにある荒地にいる事が多い。メロンパンナに一緒にいて欲しいと懇願されても、アンパンマンの存在や善悪2つの心の板挟みでパン工場へ帰る事を拒んでいる。絵本では後述する海の白馬マリンに跨って登場する事が多い[43]。
誕生直後にばいきんまんに「アンパンマンはお前の敵だ」と刷り込まれた事で、アンパンマンと対峙すると悪い心になってしまう。当初は悪い心になっても外見に変化はなかったが、TVアニメ版でばいきんまんにバイキン草の力を増幅された事が、劇場版ではドクター・ヒヤリにまごころ草の花粉を取り除かれた事がきっかけとなり、ブラックロールパンナ[44]に変身するようになった。胸に赤と青のハートマークがあり、良い心が強調されると赤、悪い心が強調されると青のマークが光る。メロンパンナとクリームパンダを大切に思っていて、特にメロンパンナが現れる(又は話しかける・メロンジュースをかける等する)とブラック状態であっても元に戻る。但し、劇場版では最初はメロンパンナに反応せず生命の危機の段階になって初めて反応した。また、良い心を強調させたものを思い出させる事で、ブラックロールパンナを元に戻させる事も多い。彼女と一緒に共演するゲストキャラクターの呼びかけにも反応して元に戻る事もある。映画第9作目「虹のピラミッド」では、ばいきんまんの説得によって良い心に戻った事がある。一度、ドクター・ヒヤリが開発した薬・フタリニナールによって良い心と悪い心の二人に分かれ、破壊を好む完全な悪の心を持ったロールパンナが誕生してしまった事がある(ばいきんまんの言う事すら聞かなくなり、メロンパンナの声にも全く反応せず攻撃の対象としていた)。最終的には双方のロールパンナ同士による壮絶な戦いになったが、薬の時間切れによって元に戻った。
攻撃は主に『ロールリボン』と呼ばれる新体操で使うようなリボンを用いて行う。リボンは伸縮自在で、岩を粉砕する等と非常に高い威力を誇る。得意技は特訓によって体得した『ローリングハリケーン』(自分を中心にして高速回転して竜巻を起こすパターンと、リボンを回転させて気流を発生させるパターンがある)。ブラック状態に限り、リボンから電撃のようなものを流し、縛り付けた相手を石化させる能力が使える(電撃そのものは良い心の状態でも使う事ができる)。普段は1本だが稀に2本所持している場合もあり、両手持ちで戦う事もある。ロールパンナは格闘戦でアンパンマンを圧倒する[45]、数少ないキャラクターであるが、大抵はメロンパンナが現れて戦闘が中断する。メロンパンナが助けを叫ぶと、どんなに遠くに居てもすぐに駆けつける。飛行時は直立不動の姿勢で飛ぶ。登場当初は善悪共に現在に比べて高い声だったが、後に低くなっていった。メロンパンナと同じくばいきんまん達以外からは基本的に「ちゃん」付けで呼ばれる事が多い。やなせ曰く、宝塚の男役をモデルにしており、また「悪役(ブラックロールパンナ)の方が美少女ぶりが冴えてカッコよくなるのには少々困っている」「なぜこのような陰のあるキャラクターを考えたのだろう」等と語っている[46]。登場する時や攻撃時の掛け声は、ターザンをイメージしている[47]。
登場初期は強い者(アンパンマン、鉄火のマキちゃん、ばいきん仙人等)との勝負を望んでいたが、ブラックロールパンナにされた頃から普段は優しい気持ちの方が強くなった(ばいきんまんやジャムおじさんによると、バイキン草の力が弱まっている為)。クールで寡黙だが普段は優しくおとなしい性格で、特に小さい子供や弱い者には同情を寄せる。メロンパンナと同じく花が好きで、自然や動物を愛する女の子らしい優しい性格でもある。自らが率先して犠牲になる事ができるアンパンマンの「強さ」も理解している。映画第9作目「虹のピラミッド」ではジャムおじさんに代わってパンを作った事がある他、裁縫もできる模様で、バタコさんの代わりにアンパンマンの破れたマントを繕った事もある。しょくぱんまんに誘われて絵を描いた事もある。映画第12作目同時上映『やきそばパンマンとブラックサボテンマン』では、自分同様にばいきんまんの手によって悪の道に進んでしまったブラックサボテンマンに同情を寄せる場面があった。また、映画第18作目「いのちの星のドーリィ」でも、自分が心を持った意味に悩むドーリィと2人きりで話をしている。アンパンマンと同様食事をする場面は見られないが、TV第753話B「ロールパンナとドクダミ夫人」ではドクダミ茶を飲むシーンがある。
登場初期はTVアニメ版・劇場版共に出番が多かったが、2000年代後半から出番が減少している。また、TV第998話B「しょくぱんまんとロールパンナ」を最後にブラックロールパンナに変身する事がなくなり、アンパンマンの名前を聞いたり彼と対峙しても悪い心が反応しなくなっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ロールパンナ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ロールパンナ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ロールパンナについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>それいけ!アンパンマンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!