アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

デラックスファイター

デラックスファイター

秘密結社 鷹の爪 シ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

世界各国で活躍する正義の味方。42歳。誕生日は7月4日。本名不明。デラックスカンパニーの社長。金持ちのセレブで、全高が高層ビルを遥かに凌駕する豪邸に住んでいる。他のテレビアニメや特撮作品のヒーローと同様に見られているため人々から讃えられており、テレビシリーズや劇場版の終盤でほぼ偶発的に世界や何かを救っている。
戦う相手の目の前に現れた瞬間、問答無用で必殺技「デラックスボンバー」を繰り出す。鷹の爪団はアジトが破壊されてしまうことを防ぐため、示談交渉でデラックスボンバーを回避しようとしているが、腹黒く貪欲な性格のため、デラックスファイターは提示された金額や特典に納得がいかない場合デラックスボンバーで脅迫することも厭わない(大抵、吉田くんの余計な一言が原因で総統達はデラックスボンバーを食らう羽目になる)。
デラックスボンバーのエネルギーは、ボンバー家の体内に備わった「ボンバー腺」で作られる。スナイパーキット(サプレッサー状の筒とスコープ)を腕に装着することで対象に気付かれずに狙撃することも可能。また周囲に被害を出さないよう「軽めに」放ったり、デコピンならぬ「デコボン」や、水切りを行うことも可能。
前述のように腹黒かつ貪欲な性格に加えて非常に短気で、挙句の果てに自分にとって嫌な言動や態度をとられるとたとえ子供や老人に対してでも容赦なくデラックスボンバーを撃つという大人げなさや、面倒だったり命に関わる仕事などは断ったり、他人に押し付けようとする自己中心ぶり、自分の立場が悪くなったり、思い通りにならないことがあると、人質をとったりデラックスボンバーを使って脅迫したり、倒れた敵に殴る蹴るなどの暴行を加えるといった卑怯さも兼ね揃えた、お世辞にも正義の味方とは言いがたい最低な人間性の持ち主でスーパーヒーローの面汚しでもある(総統曰く「人間のクズ」吉田くん曰く「洒落にならないくらい最低な奴」。また『鷹の爪4 カスペルスキーを持つ男』では黒光産業社長から「とんでもないハイエナ」と評されている)。そのため、鷹の爪団のメンバー(特に総統)からは呆れられ、ヒーローのくせに菩薩峠くんやエリカ様など子供からは嫌われている。
反面、世間の目に対しては無駄に気を配っており、テレビカメラなどの前では絶対に自身の本性を明かすような行動は起こさない。また、日本の首相やアメリカの大統領などの要人に対しては表の顔を作って紳士的に接する(ただし.jp第27話では日本の首相から地球を狙う宇宙人の艦隊への対抗を依頼された際には真っ先に拒否していたことから、基本的には自分の保身を最優先に考えていることが伺える)。
さらに劇場版第4弾で、デラックスファイターが普段戦っている理由は「正義のため」ではなく「気分しだい」であることが明らかになった。
しかし、NEO第8話では正義の味方は「あくまでボランティア」ということらしく、警察に運転中の通話で違反切符を切られたり、愛車をレッカー移動されるなど、扱いは状況によってまちまちである。
その一方でNEO第1話では失踪した鷹の爪団を心配してアジトを訪ねたり、壁にかけてあった鷹の爪団のTシャツを着て涙を流すなど、吉田くんからさみしがり屋と言われる一面を持っている。携帯電話の充電など些細な用事で鷹の爪団のアジトを訪ねることも多く、鷹の爪団が珍しくご馳走を食べられる機会に恵まれた時には決まって現れ、ご馳走を横取りしていくことも日常茶飯事である。
23年前(鷹の爪ビギンズ)のある出来事をきっかけに総統と戦っており、その頃は正義の味方らしい正義の味方だったことがNEO第13話で語られている。
愛車はデラックスモービル。NEO第23話以降では新型スマートフォン「ポイポン5」を所持しているが、鷹の爪団の過失のせいで何度か壊されている。自ら公開しているブログのタイトルは「デラックスに行きまっしょい」。
戦闘中はもとより、日常生活においても必ず顔の一部を隠すヘルメットを着用しており、デラックス家のルールということで家族にも着用を強制している。入浴中以外はヘルメットを取ることはないが、素顔を見せることに抵抗はないらしく、鷹の爪団のメンバーと温泉に入浴した時には堂々と素顔を見せており、頭部の生え際が後退しているのが目撃されている。服を脱ぐと鍛えられた筋肉質の肉体を確認できる。
母親のデラックス母はいるものの父親のデラックス父は2004年に死別していることがNEO第9話で明かされた。
秘密結社鷹の爪カウントダウンの最終回では空を飛べることが発覚したが、本人曰く「疲れる」とのことで、今は1メートル浮くのが限界である。しかし、劇場版第5弾ではムササビと共に暮らしたため野生化し、空を飛べるようになっている。
.jp第1話では『仮面ライダーシリーズ』にあやかってレオナルド博士にベルトを作ってもらい「デラックスドライバー」に変身できるようになった(この時いつも着ているヒーロー風の衣裳は普段着で、デラックスドライバーの衣装は作業着であることが明らかになった)。デラックスドライバーに変身した時はデラックスボンバーを手の平からではなく、胸の円形アーマーから発射する。
また.jp第9話において正義の味方は介護保険適用外であることが明かされ、ヘルパーを雇えないためデラックス祖父の面倒を鷹の爪団に見てもらった。
NEO第24話で鷹の爪団が開発に成功した怪人「ヘルシータイガー」に敗北して以来、戦意喪失してしまい、戦うことを避けまくったが、デラックスファイターの重役と鷹の爪の協力により戦意を取り戻した。しかしそれ以後、怪人ヘルシータイガーと戦うことは避けている模様。
.jp第78話ではパーフェクトベストマンが現れてからは完璧に人気が落ちてしまい、自演自作で鷹の爪団に銀行強盗の襲撃をやらせ、デラックスファイターが解決しようとするが、鷹の爪団が襲撃した銀行に本物の銀行強盗が既に襲撃しており、自分も人質状態となり、パーフェクトベストマンに助けられて後、スーパーヒーローを廃業して、喫茶店を経営しようとしたが、鷹の爪団の総統の説得により、スーパーヒーローの廃業をやめた。
番組初期の設定ではデラックスファイターの正体は地球を侵略してきた蛇型宇宙人であったが、フェンダーミラー将軍が登場した時にはこの設定はオミットされた。初期デザインでは戦隊ヒーロー風のデラックスファイターのデザイン画が存在する。
声優の渡辺久美子から、関西ローカルのラジオ番組の『ケロロとギロロの地球侵略ラヂオ』2007年12月1日放送の第87回放送分内で「なんとかマン」と言われてしまったことがある。

出典:wikipedia

誕生日:7月4日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【デラックスファイター】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【デラックスファイター】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


デラックスファイターについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>秘密結社 鷹の爪 シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!