アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

赤毛のアン キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
モンゴメリは新聞記事で読んだ男の子と間違えて女の子を引き取った夫婦の話に着想を得てこの作品を書いた。彼女はプリンス・エドワード島の田舎で育った自身の少女時代も作品に投影した。孤児院暮らしだったアン・シャーリーが、11歳でアヴォンリーのカスバート家に引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの少女時代 5年間を描いた『赤毛のアン』は人気作となり、モンゴメリーはアンを主人公とする続編や周辺人物にまつわる作品を多数著している。モンゴメリーはイヴリン・ネスビットの写真を雑誌から切り取り、書き物机の上に貼り、主人公アン・シャーリーのモデルにした。 村岡花子訳の『アンの愛情』のあとがき等に書かれているが、出版社が500ドルを提示した事と、映画からは印税が得られなかったという情報は事実であるが、モンゴメリは500ドルの条件では受諾していなかった。モンゴメリはマクミランへこのような手紙を書いている。ペイジ社が『赤毛のアン』の出版に応じたとき、印税にした方がいいか、それともある一定の額のお金を即金で受け取る方がいいか、と尋ねてきました。今でこそわかりますが、ペイジ社側はわたしが《ある一定の額》の方に飛びつくだろうと思ったのです。その場合には『赤毛のアン』の原稿料として五百ドル手に入っていたでしょう。でもうぶだったとはいえ、そんな話に乗るほどうぶではありませんでしたので、《印税》の方がよいと言ったのです。『モンゴメリ書簡集〈1〉G.B.マクミランへの手紙』 宮武潤三、宮武順子訳 篠崎書林 1992年 ISBN 9784784104963 P. 172
(出典:wikipedia)