アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

てさぐれ!部活もの キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『てさぐれ!部活もの』(てさぐれ ぶかつもの)は、日本のテレビアニメ作品。2013年10月から12月まで第1期が、2014年1月より3月まで第2期『てさぐれ!部活もの あんこーる』(てさぐれ ぶかつもの あんこーる)がそれぞれ日本テレビにて放送された。 『直球表題ロボットアニメ』(以下、『直球』と表記)監督の石舘光太郎と同プロデューサーの福原慶匡が再びタッグを組んで製作する、全編コンピュータグラフィックスによるアニメ作品[1]。今作の3DCGソフトウェアはセルシェーダーに『Cinema 4D』を[1]、また『直球』でも使われた『MikuMikuDance』(MMD)も使用し、番組で使用されるMMD用オブジェクトデータを公式サイトにて配布する[1]。『直球』と同じく15分枠放送。 『直球』同様、音声収録はプレスコで実施される[1]。 内容はてさぐり部という「新しい部活動のあり方を考えるための部活」に所属する女子高生の会話劇で、毎回1つ(第11話のみ2つ)の既存の部活動にスポットをあて前半では「その部活のあるあるネタを語り合う[注 1]」、後半は「その部活のイメージを共有した上で、そこで起こったら楽しいであろうアイデアを大喜利方式で発表し、実践する」というものである[2]。大喜利は基本的に全員が発表するが回によっては1人だけというパターンがある。2期では前半でのある台詞から小規模の大喜利が出るようになった。なお2期の制作は1期放送中に急遽決まった為、序盤では所謂「止め絵」が多く使われていた[3]。 各話サブタイトルは、テロップ横やOP直後のカレンダーに表示される草花の花言葉に因む。次回予告は本編ではEDにテロップのみで実施。なお全話の予告からランダムに選ばれた一つを「気まぐれ次回予告」として日テレオンデマンドで本編終了後に配信している。
(出典:wikipedia)