アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

とっとこハム太郎シリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『とっとこハム太郎』(とっとこハムたろう)は、河井リツ子による同名のコミック『とっとこハム太郎』を原作としたアニメ作品。 2000年7月7日よりテレビ東京系列金曜18:30枠にて放送開始。『とっとこハム太郎』としては2004年3月26日まで放送された。この枠では1995年4月開始の『スレイヤーズ』以降は2クール(6ヶ月)の放送[1]だったが、この時点で本番組はこの枠で最長の放送期間となっていた。 無印では26話おきに夢の中でのエピソードをやるのが特徴的。2004年4月2日からは新たな登場キャラクターの追加などにあわせて、副題を付けた『とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!』というタイトルに変更。2006年3月31日まで放送された。話数のカウントは第1期から通されている。 2006年4月より平日18:30枠がバラエティー枠『スキバラ』(2009年4月からは子供向け帯番組『ピラメキーノ』)になるのと同時に、金曜夕方の30分番組としての放送は終了した。『はむはむぱらだいちゅ!』含みこの枠での放送期間は5年9ヶ月に及び、2012年現在でも最長である。ここまでの話数は全296話。 同年4月からは本作の制作にも参加している小学館系の子ども向け番組『のりスタは〜い!』内のワンコーナーとして『とっとこハム太郎 は〜い!』というタイトルで2008年3月まで放送され、2012年3月まで再放送された。ソフト化もまったくされていないため、視聴は困難である。1回当たりの放送時間が5分間に短縮された関係で、ハム太郎を初めとするハムちゃんず以外のキャラクター(特に飼い主などの人間)が登場する機会はほとんどなくなった[2]。また、毎週新作を放送していたわけではないため、新作話数(全77話)は少ない。話数のカウントはリセットされた。 なお、各地の放送局でも番組販売形式でネットされ、特に『はむはむぱらだいちゅ!』までは時差ネット局を含めると計37局で放送されていた(この数は『ポケットモンスターシリーズ』の計38局にも匹敵する規模である)。また、テレビ東京系列や一部の地方局では字幕放送も行われた。 2011年4月からは、約5年振りに30分番組として『とっとこハム太郎 でちゅ』のタイトルで再びアニメ化されることが発表された[3]。なお、この『でちゅ』は第1期のストーリーをデジタルリマスターで再構成したものとなる。話数のカウントは再リセット。 2012年4月からリニューアルし、番組名が『とっとこハム太郎』に変更。4月中は『は〜い!』を除いて約6年ぶりに新作ストーリーを放送した。それ以降は第4期と同じ再放送となっていた。第4期は初期の話が中心だったが、第5期は第1期中期 - 後期の話が再放送されていた。話数はリセットされ、ハム太郎応援隊「ハムさんちゅう」(森三中)が加わった。毎回オープニングの前に登場する。エンディングテーマが復活し、過去のエンディングテーマ曲のアレンジが中心だった。 なお『でちゅ』『とっとこハム太郎』開始後も本作のキャラクターはのりスタ!シリーズに出演していたが、2013年以降は出番は少なめになっている。
(出典:wikipedia)