アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ビデオ戦士レザリオン キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『ビデオ戦士レザリオン』(ビデオせんしレザリオン)は、プラレス3四郎の後番組として、1984年3月4日から1985年2月3日まで東京放送 TBS系で全45話が放送された、東映動画製作のロボットアニメ。 作中では、第1話冒頭で主人公が友人とインターネット ネット対戦をしたり、他にも、主人公が自分の通う学校のコンピューターに不正アクセスして自分の成績を改竄するなど、現代のコンピュータ社会の様子を採り入れた内容に先見性、先進性があった。 当時はこれからの未来「一億総ネット時代」が訪れる事を予感させた作品でもある。 人口・環境・汚染問題のはけ口を地球の外に求める「地球クリーン化政策」のもとに置かれた地球。火星と月が産業廃棄物や犯罪流刑者の送り先となっていた中、月で軍を組織したゴッドハイド博士は量産型戦闘ロボット「ブラックベアー」を開発、地球に対しての反乱を開始した。その戦闘の余波が、ブルーハイム博士・シルベスター将軍が指揮する地球連邦軍の物質電送システム実験場に及び、実験装置にミサイルが激突。パソコン好きの少年·香取敬の作った対戦ネットゲーム用の戦闘ロボットデータが、このときのショックで地球連邦軍のコンピューターと混線、敬がプログラミングした「レザリオン」が物質電送装置の力で実体化した。成り行きから、彼は地球を守る戦いへと巻き込まれていくことになる。
(出典:wikipedia)