アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

陽だまりの樹 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
陽だまりの樹(ひだまりのき)は、手塚治虫の長編漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメと舞台作品。『ビッグコミック』1981年4月25日号から1986年12月25日号まで掲載された。 手塚治虫が初めて江戸時代を舞台として本格的に取り上げた作品であると同時に、自らのルーツを探った作品として特異なポジションを占めている。 日本舞台の時代劇物長編としては結果として最後の作品となり、作品中も力を入れているのが絵から伝わる氏のリアル表現の集大成的な要素が多い。 (戦闘描写、敵の剣客との因縁等(氏の新撰組、どろろ)。 幕末。小藩の藩士・伊武谷万二郎と、蘭方医の手塚良庵(手塚治虫の曽祖父)という2人の若者を中心に、激動の時代に懸命に生きた庶民の姿を描く。ストーリーには、手塚の作品に一貫して流れている平和への願いと懸命に生きる人間への暖かなまなざしが流れている。
(出典:wikipedia)