アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

プリンセスチュチュ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『プリンセスチュチュ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回





閉じる作品詳細
『プリンセスチュチュ』は、バレエをテーマとしたアニメ。初回放送は2002~2003年(後述)。 伊藤郁子原案、佐藤順一総監督。全26話。うち、前半13話に「卵の章」、後半に「雛の章」というサブタイトルが、それぞれ付けられている。 構想十年以上という長い準備期間を経て、「キッズステーション」で前半13話が30分枠で放映され、後半は「動画大陸」内で残り13話を1エピソードにつき15分ずつの前・後編という形で放映した。 放送開始の2002年ごろ、テレビ神奈川でも土曜日の深夜に放送された。 日本のテレビアニメ史上ではおそらく初めて、バレエとクラシック音楽を物語全体の原動力として用いた作品。特定のクラシック曲(の一部)に主人公の姿を投影させ、それをBGMの枠を超えたライトモティーフとして物語を組み立てていく手法が、ここまで全面的に取り入れられたものは、じつに珍しい。特に「卵の章」の後半4話分のBGM選曲と実際の物語進行は、まるで視聴者がこれらのBGMの音楽的意味を知っていることが作品を鑑賞する前提であるかのような、極めて密接な関係を持って演出されており、興味深い。
(出典:wikipedia)