アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

宇宙戦士バルディオス キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『宇宙戦士バルディオス』(うちゅうせんしバルディオス)は、1980年(昭和55年)6月30日から1981年(昭和56年)1月25日までテレビ東京 東京12チャンネル系で毎週月曜日18:45 - 19:15(13話まで)、毎週月曜日19:00 - 19:30(14~18話)、毎週月曜日7:00 - 7:30(19話から)に全31話が放送された、葦プロダクション・国際映画社製作のロボットアニメ。 S-1星は、戦乱の結果、放射能汚染に冒され、最早生活のできない惑星と化していた。皇帝トリノアミス3世は、打開のため軍部と科学者たちに意見を求めるが、軍部は他の惑星への侵略と移住を進言、放射能濾過装置の開発による問題解決を進言する科学者たちと対立する。最早猶予の無い段階にある放射能汚染の中、皇帝を殺害した軍部の指導者・ガットラーは権力を掌握し、自ら総統を名乗る。ガットラーはS-1星住民をことごとく冷凍睡眠装置に封じ込めた上、軍部「アルデバロン」を中心に据え、移動要塞「アルゴル」と共にS-1星を捨てて、移住先の惑星を求めて宇宙の旅へ。ガットラーによって科学者であった父を殺された上、皇帝殺しの濡れ衣を着せられた青年マリン・レイガンは、戦闘機パルサバーンで単身地球へと逃げ延び、防衛組織ブルーフィクサーと出会う。マリンは、ジャック・オリバーらブルーフィクサーの面々との衝突と和解を経て、合体ロボ「バルディオス」で、地球に侵略の手を延ばすガットラーの野望と戦っていくことになる。過酷な運命へと立ち向かっていくマリンの行く先に待ち受けるものとは…。
(出典:wikipedia)