アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

惑星ロボ ダンガードA キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『惑星ロボ ダンガードA』(わくせいロボ ダンガードエース)は、1977年(昭和52年)3月6日から1978年(昭和53年)3月26日までフジテレビジョン フジテレビ系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全56話が放送された、東映アニメーション 東映動画製作のロボットアニメ。 1972年の『マジンガーZ』からロボットアニメブームを牽引してきた永井豪に代わり、松本零士をイメージクリエイターに迎えた作品。 松本は約半年後の1977年8月に劇場映画版『宇宙戦艦ヤマト』でアニメブーム、松本アニメブームを巻き起こすことになる。 松本零士作品としては唯一のロボットアニメだが、松本自身はロボットものがあまり好きではなく(『宇宙海賊キャプテンハーロック』作中でも、ヤッタラン副長に当時のロボットアニメを批判する台詞を言わせている)、テレビアニメの放映と並行して月刊漫画誌『冒険王』(秋田書店)で描かれた漫画版では、主役ロボット・ダンガードAの描写は最終ページの見開きのみである。アニメ本編ではダンガードAに変形するサテライザーは4話から登場。巷間言われる「12話までロボット形態がまったく登場しない」という記述は正確には間違いである(タクマが正パイロットに任命される12話まで、合体訓練という形でダンガードAはしばしば劇中に姿を見せている)。しかし、登場頻度の少なさからスポンサーからクレームが入り急遽活躍させたという逸話が残っているように、主役ロボの扱いが非常に独特な作品であったと言えるだろう。また主人公タクマにスパルタ教育を施す教官のキャプテン・ダンとの関係がしばしばロボットアニメ版『巨人の星』とも評された。
(出典:wikipedia)