アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

我が家のお稲荷さま。 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
我が家のお稲荷さま。は、柴村仁/著、放電映像/イラストレーター イラストのライトノベル。電撃文庫刊。高上家を守る空幻天狐のどたばたコメディー小説。第10回電撃ゲーム3大賞入賞作品。第3巻は電撃文庫の999番目の書籍になった(なお、1000番目はキノの旅 第8巻で、1001番目は灼眼のシャナ 第8巻であった)。2005年10月現在、5巻まで発行。 我が家のお稲荷さま。 ISBN 4840226113 我が家のお稲荷さま。 2 ISBN 4840227268 我が家のお稲荷さま。 3 ISBN 4840228310 我が家のお稲荷さま。 4 ISBN 4840230269 我が家のお稲荷さま。 5 ISBN 4840231753 天狐空幻(てんこくうげん) :三槌家の守り神。守り神に祭り上げられたは良いが、良いこと悪いことをしまくり、遂には封印されてしまった狐の大妖怪。食い物には目が無い。透の危機を救った後は封印される予定であったが、透の懇願により、以後高上家(透)の守り神となる。知能は高く、数百年間も封印されていたにも関わらず、AV機器や電化製品の使い方を速攻でマスターしてしまったほどである。性格は豪快、下っ端妖怪に対しては余裕すら以って対峙する。細かい事には気にせず、普段高上家でする事といえば寝る事、食べる事、TVを見ては昇に何かをねだるくらいであるが、高上兄弟の危機となると労を惜しまない。人間に化けるとき、男と女両方に化けることができ、どちらも異性だろうと同性だろうとその正体を知らぬ者をイチコロにできる美貌を持っている。気を付けていないと伏せている耳が起きるので、変身中は帽子が必須。尻尾はNASAの安眠枕も顔負けの寝心地である。変身中の髪の毛はどうやら尻尾であるようで、恵比寿に髪の毛を渡したときは尻尾が禿げ上がっていた。1ヶ月で元に戻る。綽名はクー。透につけられた。また、それ以前にも美夜子にもそう呼ばれていた。そして異常な喧嘩っ早さを誇り、相手が神であろうとそれは変わらない。そして、本人の中で戦闘意欲が昂揚した時は青白い燐を放つ。その燐の放ち方も様々で、口の端から薄く立ち上らせる時もあれば足元から激しく立ち上らせる時もある。また、五行に非常に通じており、戦闘時にはこれらを駆使して攻撃、防御を行う。当初は土気、火気の術を中心に使っていたが、最近では水気、木気の術を中心に使う傾向にある。また、甘いものも好きで現代のお菓子にも素早く適応した。「ファ」行の発音が下手である。
(出典:wikipedia)