アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

アトラク=ナクア キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『アトラク=ナクア』は、1997年12月18日にアリスソフトから発売された18禁ノベルアドベンチャーゲーム。当初は「アリスの館4・5・6」に収録された一作品という扱いだったが、2000年9月に単品でも発売された。leafの『雫』、『痕』等の流れを汲む伝奇ヴィジュアルノベル。選択肢によって各登場人物の運命が激変するものの、大枠は一本道のシナリオであり、アリスソフトとしては珍しくゲーム性が薄い。『DiaboLiQuE 』と本作のどちらかを単品発売し、もう一方を『アリスの館4.5.6』に収録という形で企画された中編ビジュアルノベル。 アリスソフトでは珍しく複数原画でなく原画が1人だったことや、ふみゃの心情や情景描写に重きを置いたシナリオで、統一感の取れた雰囲気の作品になった。小説としては三人称多元形式に分類され、基本は主人公・初音の視点なれど、場合に応じて、その他の登場人物の生活描写へも切り替わる。そのため、物語は狩る側と狩られる側、双方の視点でもって進行していく。主人公・初音はあやかしの力で人の心の隙間に付け入り、贄として人の精気や肉体そのものを啜り喰らうが、カニバリズムの直接的な映像表現は無い。また主人公の性質上、それぞれの登場人物の生死を左右する残酷な選択を、プレイヤーは幾度か迫られる事になる。タイトルからクトゥルフ神話の大蜘蛛アトラク=ナクアから来ていると誤解される事が多いが、本編とクトゥルフ神話に直接の関連性はない。企画やシナリオ執筆を担当したふみゃは、高橋葉介の漫画『夢幻紳士』の1エピソードからインスパイアされたと明言しており、そのエピソードの1コマに「Atlach=Nacha」と書かれた少女に擬態する蜘蛛のスケッチが登場する。(ちなみに高橋葉介はそのエピソード『蜘蛛』は特撮番組『ウルトラQ』の『クモ男爵』から影響を受けたと語っている)。しかしその一方、本作における比良坂初音のキャラクターは日本のクトゥルフ作品におけるアトラク=ナクアの造形に大きな影響を与えており、『ANGEL FOYSON』『怪物王女』『這いよれ! ニャル子さん』などで擬人化されたアトラク=ナクアは、セーラー服を纏った長い黒髪の古風な美少女という、比良坂初音に対するオマージュ的なデザインとなっている。ノベライズ版では主に前日談が描写され、『アリスの館4・5・6ガイドブック』には後日談の短編小説『系譜』が収録されている。後年、異例な人気を受けて本作もまた単品発売されることとなったが、実の兄妹であった登場人物が義兄妹に、舞台となる高校が学園に変わるなど、倫理上の理由から幾つかの変更が加えられている。また本作のBGMのうち2曲が『アリスボーカルコレクション』企画により歌詞付きの曲としてリファインされた。
(出典:wikipedia)