アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ノブナガ・ザ・フール キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『ノブナガ・ザ・フール』(NOBUNAGA THE FOOL)は、アニメ監督の河森正治が手がけるSF戦国作品。ライブエンターテインメント企画、多次元プロジェクト"The Fool"の第1回作品。2013年12月より3回の舞台公演、および、2014年1月よりテレビ東京系列(TXN)にてテレビアニメが放送中。異なる文化を持つ「西の星」と「東の星」という二重惑星を舞台にした戦乱の時代に、織田信長やジャンヌ・ダルク、レオナルド・ダ・ヴィンチといった歴史上の人物をモチーフとしたキャラクター[注 1]たちが活躍する作品。合戦兵器として、「イクサヨロイ」と呼ばれる巨大ロボットも登場する。2013年3月の東京国際アニメフェア2013にて"The Fool"プロジェクトの概要が発表された後、舞台公演とテレビアニメ放送の同時展開が発表された。他には角川ニコニコエースにてウェブコミック、舞台公式サイトにてイントロダクションノベルが掲載されている。河森は近年の『マクロスF』(2008年)や『AKB0048』(2012年 - 2013年)で作品作りにライブ感覚を取り入れており、企画から2年半を要した本作は二次元(アニメ)と三次元(演劇)の枠を越えるエンターテインメントに挑戦する。元々は同時期に複数の企画を進めていたものを、1つの世界観からバリエーション展開を拡げる形にしたという。タイトルの「ザ・フール」には信長の通称である「うつけ者」と、タロットカードの「愚者」(The Fool)という意味合いがある[4]。テレビアニメの各話サブタイトルにはカードの名が付いており、ストーリー構成の基本は実際にタロットカードを引いて決めたという。『緋色の欠片』シリーズや『薄桜鬼』シリーズなどのゲームでイラストを担当したカズキヨネがキャラクターデザインを、テレビアニメではカズキの原案を元にサテライト所属で『マクロスF』などにも関わってきた丸藤広貴がアニメーションキャラクターデザインをそれぞれ担当している。メカニックデザインは河森がイクサヨロイのコンセプトデザインを確立し、同じくサテライト所属のブリュネ・スタニスラス、池田幸雄らが機体バリエーションを担当する。宇宙が混沌としていたある時代、「西の星」と「東の星」という2つの星があった。西の星は単一国家として統治されているが、東の星はまだ群雄割拠が続く戦乱の世が続いていた。西の星に住む少女ジャンヌ・カグヤ・ダルクは炎の中で果てる女と男の夢を見た。ジャンヌはこれまでにも何度も同じような夢を見ており、近隣の住民からは「悪魔憑き」というあだ名を付けられていた。その噂を知った学者のレオナルド・ダ・ヴィンチは、ジャンヌの夢の意味を確かめるため、彼女を伴って船乗りのマゼランが持つ星船を奪い、東の星へ旅立つ。同じ頃。東の星にある、つい先日大国入りを果たしたオワリの国オダ家。そこの嫡男であるオダ・ノブナガは大うつけとして知られており、親友アケチ・ミツヒデや家臣トヨトミ・ヒデヨシと共に、気ままに生きていた。弟ノブカツの元服の儀式に参加せず国内を放浪していたある日、隣接するカイ国が巨大兵器・イクサヨロイの軍勢を率いてオダの砦へ威力偵察に向かうのを目にしたノブナガは、砦の隊長にそれを警告するが聞き入れられず、砦が蹂躙されるのをただ黙って見ているしかなかった。悔しさと同時に戦の変革が訪れることを感じたノブナガは、ミツヒデやヒデヨシと共に新たな時代を作ると誓い合う。その直後、西の星からの星船が近くへ墜落する。星船へ駆け寄ったノブナガは、その中で気絶していたジャンヌと格納されていた大イクサヨロイを発見すると、躊躇せずその大イクサヨロイの操演者となり、西の星からの追手である大イクサヨロイ2機を蹴散らす。まもなく、ダ・ヴィンチから献上されたその大イクサヨロイは、ノブナガによって「ザ・フール」と名付けられるのだった。
(出典:wikipedia)