アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ef - a tale of - シリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『ef - a tale of memories.』(エフ ア テイル オブ メモリーズ)の題で、2007年10月-12月にかけて、チバテレビなどの独立UHF局、及びAT-Xにて放映された。全12話。 本作では、広野紘・宮村みやこ・堤京介・新藤景・雨宮優子らを中心にした物語(原作ゲームの『ef - the first tale.』に相当)と、テレビアニメ放送時点では未発売の『ef - the latter tale.』に相当する、新藤千尋・麻生蓮治・火村夕らを中心にした物語が並行して描かれている。紘・みやこの物語では、アニメ独自の設定やエピソードも登場している[3]。 紘・みやこの物語と蓮治・千尋の物語ではアニメの表現に違いがある。紘・みやこの物語では、明るい色彩で描かれ、第3者の視点で展開しているのに対し、蓮治・千尋ではモノローグを中心としており、暗い色彩である[3]。 本作は、minoriのプロデューサーである酒井伸和がジェネオンエンタテインメント側にアニメ化のオファーを持ちかけたのがきっかけである[4]。そのため、アダルトゲーム原作のアニメとしては珍しく、製作委員会に原作を制作したminoriが参加している。 蓮治・千尋の物語については、制作当時、ゲームの脚本は完成していたが、監督の大沼心は読んでいない。これは視聴者と同じ立場から制作したいとの意向によるものである[5]。また、大沼はブログ上の感想を熱心に読んでおり、その感想を受けて演出を変えたところもあると述べている[6]。
(出典:wikipedia)