アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

言の葉の庭 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『星を追う子ども』に続く、新海の2年ぶりとなる6作目の監督作品。新海の初めての「恋」の物語と銘打っており、万葉集を引用している。万葉集の表現の研究者である倉住薫(大妻女子大学・文学部・日本文学科 助教授)が協力している[4]。 背景は雨が重要な要素を担っている。「雨は3人目のキャラクターといっていいくらいウエイトがある」と新海は語っていて[5]、シーンの約8割が雨のシーンで構成されている。2013年5月31日より日本全国・香港・台湾で同時公開となり、公開日より劇場限定でBlu-ray Disc・DVDの先行発売が行われている。一般発売は6月21日[3]。iTunes Storeでも公開日より配信されている。当初の予定では劇場公開する予定はなく、配信やDVDのみの小規模な短編作品の予定だったが、最終的には劇場公開という形になった。 『月刊アフタヌーン』(講談社)2013年6月号から12月号まで、本橋翠作画による漫画版が連載された(単行本は全1巻、2013年11月22日発売)。また、メディアファクトリー刊『ダ・ヴィンチ』2013年8月号から2014年4月号まで小説版が連載された。同誌は『秒速5センチメートル』の小説版も刊行しており、執筆も同様に新海誠自身が担当する。 2013年2月に野村不動産グループ『プラウドボックス感謝祭』にて公開された、新海が監督したショートフィルム『だれかのまなざし』が同時上映で公開[6]。このショートフィルムはDVDやBlu-ray Discには収録されていないが、2013年9月5日よりYouTubeで公開されている。 劇中でタカオがユキノのために作った靴は実物も製作されていて、劇場などに展示されている[7]。商品化の予定は不明。 7月6日にはアメリカ・ロサンゼルス開催のアニメ・エキスポで、7月19日にはプチョン国際ファンタスティック映画祭でプレミア上映された[8]。2014年5月18日には英国映画協会(BFI)が主催のロンドンで開催されるアニメーション映画祭「Anime Weekend」にて上映予定。
(出典:wikipedia)