アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ONE 〜輝く季節へ〜 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
本作は、前作『MOON.』の短期的な売り上げが、前々作でありTactics処女作である『同棲』に及ばなかったことから、売り上げを確保しやすい学園ものとして開発された(『MOON.』は長期的に売れたタイプの作品である)。開発に当たっての社長の号令は「(Leafの)『To Heart』みたいなのを作れ」というものであり、ごく序盤における主人公と幼なじみの会話には『To Heart』のそれと強い類似性が見られる。 また作中では全体の根幹を成す設定である「永遠の世界」も、主人公が人との絆すなわち恋愛を求めて行動するための動機づけとして用意されたものであり、企画書では「その成り立ちようや存在意味などは、そんなに重要ではありません」とされている[3]。 前作『MOON.』は開発中に4人から7人へとスタッフを増員したが、本作ははじめから7人体制での製作開始となった。しかし人員の増加は人間関係のこじれをも招き、スタッフの引き抜きにつながった[4]。プロデューサーのYET11以外のスタッフのほとんどは次回作開発中にビジュアルアーツに移籍し、Keyブランドの作品に携わったため、本作は『MOON.』とともにKeyのストリームとして認識されている。またみらくる☆みきぽんは『CLANNAD』製作の後Keyを離脱し、ネクストンの系列ブランド・PSYCHOに移った(その後はむはむソフトに移籍)。 その後、小説化、プレイステーション (PS) への移植、二度のOVA化、ドラマCD化、フルボイスでのリニューアルを経るが、いずれもPC版製作スタッフの大半が関与しないものである。特に全年齢対象のOVAは原作とは全く違う設定、キャラクターで描かれており、作中の「永遠はあるよ」という重要なセリフが本来とは全く逆の意味で用いられている。またPS版『輝く季節へ』は、PC版『ONE』のファンから画面・音楽・追加要素など多くの点で酷評された[5]。 「永遠の世界に去った茜の幼馴染」が『Kanon』の相沢祐一の原形ではなかったかという見方も存在する[6]。
(出典:wikipedia)