アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

寄生獣 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『寄生獣』(きせいじゅう)は、岩明均による日本の漫画作品。『モーニングオープン増刊』(講談社)にてF号(1988年)からH号(1989年)まで連載された後、『月刊アフタヌーン』(同)に1990年1月号から1995年2月号にかけて連載された。 2014年には日本でテレビアニメ化、同年には映画化(2015年の完結編と合わせて2部構成)される予定(各媒体の詳細はそれぞれの節を参照)。 謎の寄生生物と共生することになった、平凡な高校生「新一」の数奇な運命を描く。人間の頭に寄生して人間を食べる『寄生生物』側、最初は捕食されるがままであったが後に反撃に転ずる『人間』側、そしてその中間者として存在する『新一とミギー』側という三者の構図で物語は成立するが、話の焦点は新一に置かれている。 アフタヌーンKCより全10巻のコミックが発行され、累計部数は1100万部となった[1]。2003年には完全版全8巻がアフタヌーンKCDXで新しく発売されている。 2014年10月より日本テレビ他にてテレビアニメが放送予定[2]。また、2014年12月にPART1が、2015年にPART2が山崎貴監督により、実写映画化される。 ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳に寄生して全身を支配し、他の人間を捕食するという性質を持っていた。寄生後も見た目は人間そっくりに擬態する、彼ら「パラサイト」は、高い学習能力から急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。 平凡な高校生である泉新一は、一匹のパラサイトの襲撃を受ける。間一髪で脳の乗っ取りは免れたものの、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活の幕開けである。 パラサイトによるものと思しき事件が頻発するにつれて、新一は真実を知る者としての責任を感じるようになる。しかし、新一と自らの安全の確保にしか興味の無いミギーは、どちらにも与する気はなかった。 パラサイトらにより世界中でミンチ殺人事件が頻発し、メディアが注目し始めた頃、彼が通う高校に教師としてパラサイト「田宮良子」が赴任してくる。彼女はパラサイトの仲間「A」と共に、新一を観察すべくやって来たことを話した上で、戦う事はお互いにとって有益でないと判断し、その場は引き下がった。しかし短絡な「A」は人間の脳が残っている新一を敵と判断し、後日学校を襲撃した。騒ぎの中「A」を倒した新一だったが、彼とミギーの在り方、そして「田宮良子」との遭遇がさらなる波乱を招くことになる。 人間対パラサイトの組織的対立が高まる中、新一の母親がパラサイトに寄生されてしまう。この事件で重傷を負った新一は体内に寄生細胞が拡散、より「混じった」状態となった。その後も様々な人間・パラサイトとの出会いと別れ、そして戦いを繰り返し、新一とミギーは紆余曲折あって「生」を実感する。
(出典:wikipedia)