アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

恋がさくころ桜どき キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『恋がさくころ桜どき』(こいがさくころさくらどき)は、ぱれっとより2014年6月27日に発売されたアダルトゲームである[1]。ぱれっとの第13作目。略称は「さくさく」[2]で、公式サイトのディレクトリ名も「sakusaku」となっている[1]。ローマ字では"Koi ga Sakukoro Sakuradoki"と書かれる[3]。 ぱれっとのブランド第9作『ましろ色シンフォニー』と同様に、学園を舞台とした恋愛物語である。『ましろ色シンフォニー』が秋から冬を背景とした作品であったのに対し、本作品は春から初夏のストーリーとなっている。キャッチコピーは「女の子と、恋をしよう。」[4]。 ディレクターのヤスによれば、『ましろ色シンフォニー』の発売後に次回作についてユーザーから多くの期待や声援を受けたのが本作品の企画のきっかけで、コンシューマー版『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』(2011年6月発売)の作業が一段落した頃から構想を練り始めた[2]。描きたいテーマは「恋っていいよね」で、主人公とヒロインの恋愛物語と同時に成長物語でもあるストーリーに注目して欲しいという[5]。 原画は和泉つばすで、ぱれっと作品の原画を担当するのは『ましろ色シンフォニー』に続き2度目。本作品では最初の企画段階から参加している[6]。 シナリオのみなせ未來は10年以上活動するライターだが、この名義では初の仕事となる。『ましろ色シンフォニー』が主に「ふたりの恋」が焦点だったのに対し、本作品では「ふたりだけの恋ではない」ことを意識しており、主人公とヒロインが恋に落ちたことで周りがどんな影響を受けるかが見所の一つという[6]。 美颯学園の保健委員の浅葉悠真は、保健室で学園の女子達から恋の悩みを聞くようになったが、その面倒見の良さから“恋の賞金首”として狙われる存在になってしまう。あらゆる相談を受ける内に恋愛へ幻想を抱けなくなっていた悠真の前に、自称“恋の妖精”という謎の少女・ティナが現れ、浅葉家に住み着いて彼の恋を叶えようとする[4][12]。
(出典:wikipedia)