アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

鬼哭街 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『鬼哭街 -The Cyber Slayer-』(きこくがい ザ サイバー スレイヤー)は2002年3月29日にニトロプラスから発売された武侠小説を下地とする18禁ノベルアドベンチャー。 元は『"Hello, world."』製作の長期化による副産物的な企画である。「物語を純粋に楽しんでほしい」という製作側の意図として一切の分岐を廃された異色作。なおシナリオライターの虚淵玄は「脊髄の赴くままに書いてしまった」と発言している。 近未来の上海。町を牛耳る組織・青雲幇にはサイバネティクス技術の実用化によって肉体を機械(サイボーグ)化することで、超人的な身体機能を持つようになった人間が横行する時代となっていた。 生身でサイボーグに立ち向かうことができる「電磁発勁」の使い手として名を馳せた「紫電掌」こと孔濤羅(コン・タオロー)は、組織の凶手(暗殺者)であった。しかし1年前、彼はマカオでの仕事中に仲間に裏切られ、死線を彷徨う。漸く一命を取り留めて上海に戻った濤羅は、組織が裏切った仲間とサイボーグに牛耳られ、最愛の妹である孔瑞麗(コン・ルイリー)が惨殺された挙句、その意識を5体のガイノイド(アンドロイド)のメモリーに分割転写されてしまったことを知る。 濤羅は自分を裏切り妹を殺した者たちへの復讐と妹の意識が記録されたガイノイドを奪取し、妹の意識を再統合させるため、孤独な戦いを始めるのだった。 「手には一刀、斃すは5人……魔都上海に報仇雪恨の剣が哭く」
(出典:wikipedia)