アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

逆転イッパツマン キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』(ぎゃくてんイッパツマン、英語表記:Ippatsuman)は、『タイムボカンシリーズ』第6作目としてフジテレビ系列で1982年2月13日から1983年3月26日まで毎週土曜夜6時30分 - 7時00分に全58話が放映された、タツノコプロで制作されたテレビアニメである。 前作『ヤットデタマン』に続いて、巨大ヒーローロボが活躍。主人公がこれまでの少年少女から青年となり、ドラマもシリアス味が増した作品となった。主人公のイッパツマンの正体など、視聴者の興味をひこうといくつかの謎をちりばめてシリーズのマンネリを打破しようと工夫がこらされた。ついには「シリーズ初!悪が勝つ」という後まで語り草となるエピソードを生んでいる。 主人公の声優には、長年シリーズでナレーターを務めていた富山敬が満を持しての登板。時に20%を越える視聴率を記録し、好評につき放送回数は6話延長された。うち3回はストーリー本編とは関係のない番外編的なストーリーが含まれていた[1]。歴代シリーズとしては『ヤッターマン』以来の放送回数の延長であり、マンネリの声も上がりはじめていたタイムボカンシリーズの人気が息を吹き返した作品だった。土曜18時30分の時間帯も本作で最後になるなど、シリーズの転機となった作品でもある。 富山に代わってのナレーションには鈴置洋孝を起用。鈴置独特の絶妙な語り口が物語を盛り上げている。また本作からCM後にアイキャッチが挿入されるようになった。 登場する人物、組織等固有名詞に野球用語が多用されている。 西暦1990年、国際企業番付でトップに立つタイムリース社は、依頼があれば時空を越えて、過去でも未来でも現代でも世界各地に荷物を届ける、「タイム運搬」事業を開始。一方タイムリース社のすぐそばにある業界第2位の大手・シャレコーベリース社のオストアンデル北部支社は業績絶不調。会長のコン・コルドーは、支社の重役3人にタイム運搬の妨害を命じた。重役3人が変身した「クリーン悪トリオ」に襲われたハル坊がピンチ通信を出すと必ずイッパツマンが助けにやって来る。
(出典:wikipedia)