アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

とめはねっ! 鈴里高校書道部 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』(とめはねっ! すずりこうこうしょどうぶ)は、河合克敏による書道を題材とした日本の漫画。書道監修は武田双雲。 『週刊ヤングサンデー』(小学館)2007年2号より2008年35号まで変則連載され[1]、同誌の休刊に伴い『ビッグコミックスピリッツ』(同)に移籍し、2008年41号より隔週連載されている。 NHKで同名でテレビドラマ化され、2010年に放送された。 カナダ帰りの帰国子女大江縁と柔道部のホープ望月結希は先輩である加茂 杏子と三輪 詩織の策略で部員数が足りず廃部の危機にあった鈴里高校書道部に入部する。書道部一の実力者で部長の日野ひろみ、担任で顧問の影山 智の指導で2人は書道の世界に触れる。同じ神奈川県内でひろみの双子の妹・日野よしみが部長を務める鵠沼高校書道部と競い合う中、県内屈指の書道家・三浦清風や清風の愛弟子で縁の祖母・大江英子の指導を仰いだ2人は飛躍的な成長を遂げ、縁は書道展で高い評価を得るようになり、結希も着実に実力を身につけてゆく。 一方、結希に一目惚れした縁と縁をライバルで友達と思う結希の関係は、鵠沼書道部員でそば屋の娘宮田 麻衣や結希の幼なじみで高校書道界の頂点に立つ一条 毅、かな書では高校随一の実力者で男嫌いの京女・大槻 藍子を巻き込んで波乱含みの展開になってゆく。 そんな中、柔道の国際強化B指定選手に選ばれ、一躍将来の五輪メダリスト候補となった結希に部活動を柔道一本に絞るよう圧力がかかる。「文武両道」を実践しつつある結希を巡り、大人たちが将来を考えて対立する中、結希は1つの決断を下す。縁もまた結希と残された最後の日々を何事もなく過ごすか、秘めた想いを打ち明けるかの決断を迫られることになる。
(出典:wikipedia)