アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

スーパードクターK シリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『スーパードクターK』(スーパードクターケー)は、真船一雄による日本の漫画作品。医師兼漫画家の中原とほる[1]が原案協力を担当している。講談社の『週刊少年マガジン』にて1988年17号から1998年45号まで連載された。 裏の世界で生きる医師の家系という宿命を背負った主人公が、様々な事故、事件、陰謀、そして病気と出会い解決していく人間ドラマである。キャッチコピーは「ハードボイルド医学伝説」。連載当初は主人公の超人的な一面だけが強調されていたが、医学監修などを導入して医療問題やそれに携わる人々のドラマを描き出し、数ある医療漫画作品の中でも屈指の長期連載作品となった。 単行本は通常版が全44巻、文庫版が全22巻。1996年に加奈高編終了とともに単行本のタイトルが『Doctor K』(ドクターケー)へ変更され(雑誌連載時のタイトルは変更せず)、単行本が全10巻、文庫版が全5巻で発売された。 2004年からは、続編の『K2』(ケーツー)が講談社刊行『イブニング』で連載中。 終始ハードボイルド路線であるが、同時期に少年マガジンで連載されていた『はじめの一歩』や『ミスター味っ子』の登場人物がモブとして出演する遊び心も見られた。 かつて日本に、日本医学界の最高権威・帝都大医学部を首席で卒業した天才青年医師がいた。若くして国際レベルで活躍し、その執刀技術は特Aランク。しかし、彼はある日、忽然と姿を消した。彼こそは野獣の肉体に天才の頭脳、そして神技(しんぎ)のメスを持つ男。その名は「K」。
(出典:wikipedia)