アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

もう、しませんから。 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『もう、しませんから。』は西本英雄による日本のルポ漫画作品。通称「もうしま」。 正式タイトルは『西本英雄のマガジン調査隊(仮) もう、しませんから。』(にしもとひでおのマガジンちょうさたい かっこかり もう、しませんから。)である。『週刊少年マガジン』(講談社)2004年40号から、同誌の順番では最後のページにひっそりと連載していた[1]。実際に作者が体当たり取材(一部は遊び)で行った出来事をそのまま漫画化したもので、カルト人気があるといわれる。また、自虐ネタが多いのも特徴。 2012年23号を以て「もうしま」としての連載終了。同年28号より『ちょっと盛りました。』(通称「ちょい盛り」)として連載が再開された。 あちこちを取材して漫画にする社会派ルポ集団として、突如結成されたマガジン調査隊(仮)。様々な取材を通して、『マガジン』の実態を面白おかしく暴く。タイトルロゴはFile.46までは後藤記者が書いたものを使用していたが、File.47よりヴァンダレイ・シウバに筆で書いてもらったものに変更しFile.280まで使用された(但し、単行本には収録されていない)。File.281から最終回まで大島優子が描いた牛のイラスト付きのものが使用されていた。 通常より5割増しで、西本が体当たり取材を敢行するということで、File.38から「激闘編」に入ったが、1月末に自然消滅した。「激闘編」に入っても、体当たり取材の回数が少し増えた程度だった。最近はさすがに5ページでは描き切れない取材が増えているのか、前後編で2週に渡る話が多くなっている。 一度だけ、『マガジン』本誌が合併号の際に『マガジンSPECIAL』において同誌に連載している『お憑かれさん』の作者、島田英次郎と「もうしまVSもう島」という特別企画を行ったことがある。 真島ヒロの取材に行った際には、もうしまのアンサーマンガとして『RAVE』33巻に「真ぁ、島せんから。」という作品を書かれている。 真島への2度目の取材の際にはPS3を賭けて『バーチャファイター5』で対決をするも、3勝2敗で惜敗し、真島にPS3の60G版(専用コントローラ付)をプレゼントすることになってしまった。その週の『FAIRY TAIL』の表紙には、西本及び後藤、宮本の両記者が登場した。この表紙は他誌のように単行本で修正することなく、『FAIRY TAIL』3巻の第16話にそのまま掲載されている。また、この取材の模様はPS3のコンセプトサイトに映像付きで紹介されている。ここでは滅多に見られない両者の動く映像を楽しむことができる。
(出典:wikipedia)