アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

スーパーマリオブラザーズシリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』(スーパーマリオブラザーズ ピーチひめきゅうしゅつだいさくせん)は、テレビゲーム・マリオシリーズの『スーパーマリオブラザーズ2』のタイアップとして、1986年7月20日から松竹系で公開されたアニメ映画。同時上映は『スーパーマリオブラザーズ2 完全攻略法』。 ビデオはバップから発売されている。ただし、同時上映の作品は収録されていない。 「GROCERY(日用雑貨店の意)」を営むマリオ兄弟。ある夜マリオはファミコンに熱中していたが、突如テレビの画面が消えたかと思うと、その中から突然、誰かに助けを求めるピーチ姫が飛び出して来た。姫に会ったマリオは一目惚れし、彼女を守ってあげることを決意する。しかし、同じくテレビ画面から後を追ってやって来たカメ一族のクッパ大王にマリオは全く歯が立たず、ピーチ姫はあっけなくさらわれてしまう。この時、ピーチはマリオのもとに大事なブローチを落としていった。 翌日、マリオは昨夜のピーチ姫のことが気になって仕事が手に付かないありさまだったが、ピーチの残したブローチが「宝の国にある幻の宝石」であることがルイージによって分かる。宝の国の情報を聞くためマリオが104番に電話をかけると、電話先の謎の男から「今、使いの者をやるからすぐに来てくれ!」と言う声を聞く。直後にやって来た子犬のキビダンゴは、マリオの持っているブローチを奪い取ることで、マリオとルイージの2人を導く。マリオたちがキビダンゴを追いかけ着いた先は、宝の国とされる「きのこの国」だった。 そこに現れたきのこ仙人は「きのこの国を支配しようとしているクッパ大魔王は、国の住民たちを魔法でレンガやつくしの姿に変えてしまった[1]。今、この国を救えるのは、古くから語り継がれる『マリオブラザーズ』である君たちしかいない。さらに、このままでは今度の13日の金曜日にクッパ大王はピーチ姫と結婚してしまう」と、きのこの国の現状を語った。そして、そのクッパを倒すには不思議な力を持つ「3つのパワール」(真実のきのこ、愛の花、無敵の黄色星)のチカラを借りなければならないことをマリオたちに告げる。マリオたちはピーチ姫を救うため、「3つのパワール」を探す冒険の旅へ出かける。 様々な困難を乗り越えながらも、マリオたちはついに「3つのパワール」を手に入れる。かくして、13日の金曜日。満月の夜に執り行われるクッパとピーチ姫の結婚式に忍び込み、マリオは手にした「3つのパワール」の力でクッパを倒し見事に姫を救出することに成功したのだった。 こうしてクッパの魔法は解け、きのこの国は元通りになった。マリオからピーチ姫へと返される彼女のブローチ。姫によれば、これを持っていれば同じブローチを持った素敵な王子様に会えるという。マリオはその王子様が自分ではないかと期待するが、マリオたちと冒険を共にしていた子犬のキビダンゴに掛かっていたクッパの魔法が解けると同時に、彼はピーチ姫と同じブローチを持ったハル王子へと姿を変えた。 マリオの恋も終わりを迎え、マリオとルイージは姫の幸福を願いながら。ルイージは背中に目一杯の宝を負いながら、自分たちの町へ帰り、「GROCERY」を営む日常生活へと戻る。 エンドロール後のおまけ[編集] マリオたちがカメラ目線で満面の笑みで入る土管には、アニメ制作のグルーパープロダクションのロゴが描かれている。 エンドロールの後には後日談のような物が収録されている。物語序盤と同じように、ミスエンドレスが「GROCERY」に買い物に来るが、マリオの代わりにクッパ大王の一味が注文の品を持って出て来る。それを見たミスエンドレスが「クエッ!」とポーズを取ると共に、「GAME OVER」のテロップで幕を閉じるという終わり方である。
(出典:wikipedia)