アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

金剛番長 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『金剛番長』(こんごうばんちょう)は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2007年47号より2010年15号まで連載された。 私立雷鳴高校に転校してきた巨漢・金剛晄が「23区計画」を粉砕すべく「番長」軍団と戦う痛快コミック。 近年では珍しい勧善懲悪の作品である事が注目され、連載開始直後からカラーや募集企画などが行われた。話数カウントは「○撃目!!」。 前作『ブリザードアクセル』連載時は、サンデー公式HP内の「まんが家バックステージ」を連載開始時しか更新していなかったが、本作では制作の裏話やキャラクターデザインなどを毎週更新していてバラエティに富んだ内容となっている。 尚、「バックステージ」で掲載された書き下ろしイラストは単行本12巻に掲載された。 開始前は作者の本領とも言われるファンタジー路線が候補に上がっていたが、打ち合わせ中に不良や番長ネタに話が脱線して行き、そのまま番長ネタに決定したと言う[1]。 『週刊少年サンデー』2008年39号に掲載された41撃目は、当初予定されていた展開の一部が執筆当時に発売された『週刊少年チャンピオン』の『元祖!浦安鉄筋家族』と被ってしまった為、急遽、一部の展開を描き直して掲載された。なお、この時お蔵入りとなった展開は単行本5巻に解説付きで「幻の41撃目」として収録された。 単行本12巻では本誌未掲載の108撃目「野獣達の狂想曲」が掲載された。この為、連載時は108撃目だった「終末への序曲」は109撃目となり、それ以降の話も話数カウントが1回ずつずれている。
(出典:wikipedia)