アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

GOLDEN☆AGE キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『GOLDEN★AGE』(ゴールデン エイジ)は、寒川一之による日本の漫画作品。 『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2006年21・22号から2009年2・3号まで連載され、その後ウェブコミック誌『ソク読みサンデー』(2009年3月25日から2009年8月25日まで『クラブサンデー』)にて第2シリーズ『GOLDEN★AGE 2nd leg』(ゴールデン エイジ セカンドレグ)が隔週連載されていた。同日をもって連載終了した。 本作は中学校の部活を舞台に繰り広げられるサッカー漫画である。2006年に開催されたW杯の1ヶ月ほど前に連載が開始された。なお本作中では作者の意向で昔ながらのサッカーボールが用いられている[1]。『週刊少年サンデー』連載時の話数は「GOAL○」と表記されていたが、『2nd leg』では「第○話」という表記であった。 主人公の白河唯はJリーグのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツに所属。同じチームの浦田虎昌やブラジル人留学生のナリアと共に将来を期待されていた。しかしシーサーペンツの親会社が経営不振に陥り、チームは解散となってしまった。 その後、唯の元には複数のオファーがあったものの、入学した鴎ヶ崎中学(通称「かもめ中」)で偶然近江舷也と出会ってその才能の片鱗を目撃。その才能に魅せられ、コーチや浦田の反対を押し切る形で、かもめ中サッカー部への入部を決める。しかし、かもめ中サッカー部は湘南地区最弱と言われ、まともな部員は3人だけ。残りは部員とは名ばかりの、近江を中心とした不良達。部室はその溜まり場と化していた。 そんなかもめ中サッカー部だが、唯は不良達に一緒にサッカーをやろうと呼びかける。初めはサッカーをする事を渋っていた近江達であったが、唯との関わりを通じて次第に練習に参加にするようになる。近江も徐々にその才能を発揮していくが、彼のゴールデン・エイジ[2]の終わりは迫っていて… 何とか頭数は揃ったものの、半分以上が素人同然のかもめ中サッカー部。しかし唯はこのチームで他の中学校のサッカー部とクラブチーム、全てを倒して日本一になると宣言する。「手品師(トリックスター)」の魔法は奇跡を起こせるのか?
(出典:wikipedia)