アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

マンガで分かる心療内科 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『マンガで分かる心療内科』(マンガでわかるしんりょうないか)は、原作:ゆうきゆう、作画:ソウによる日本の漫画。Webコミックとしては、ゆうきゆう自身が代表を務める心療内科ゆうメンタルクリニックのサイトにて不定期連載が行われており、雑誌連載作品としては『ヤングキング』(少年画報社)にて2010年第2号より連載中である。単行本は2014年6月までに11巻が少年画報社から刊行されている。 2014年10月にアニメ化が発表され、タイトルは『アニメで分かる心療内科』となる[1]。2015年2月よりWEBアニメとして配信される予定[2]。 心療内科にて扱ううつ病、認知症、適応障害などの症例について、登場人物のやり取りを通して解説を行うギャグ漫画作品である。作品特性上、回毎の物語としての繋がりは薄く、ほぼ毎回1話完結にて描かれる。なお、稀に説明量が大きくなった場合、前後編の形に分けられるケースもある。 作品はほぼ毎回、登場人物の簡単な自己紹介に始まり、導入のやり取りを通してテーマについて言及した後、解説を行い、最後は登場人物が遠くを見つめるようなカットと共に「 - な方はメンタルへ!」というコメントで締められる、という流れを持つ。テーマによっては冒頭の自己紹介は行われないこともあるが、締めのカットについてはほぼ全回で共通しており、一種の「お約束」となっている。 ギャグ漫画形式で解りやすく、かつ肩の力を抜いた形で紹介することを前提にするため、症例の解説については作中では若干説明を省略する場合があり、解説文にて症例についての補足が行われるケースも多い。 Webコミック版と雑誌連載版で同じテーマを扱っている回もあるが、この場合は掲載媒体に応じて内容の修正が行われているものもある。
(出典:wikipedia)